立川駐屯地防災航空祭2017レポート前編-災害救助活動展示・CH-47地上滑走

こんにちは。
小林です。

今回は11/23に開催された
立川駐屯地防災航空祭に行ってまいりました。
前半は雨でしたが次第に止んできたので
11:30から基地に入りました。

まずは災害救助展示とCH-47地上滑走の紹介を行います。

スポンサードリンク




はじめに

今回の立川駐屯地航空祭は前半は雨で
空挺投下や編隊飛行などプログラムのキャンセルが相次ぎました。

しかし11:30に雨が上がり
そのあとは朝の雨がウソみたいに晴れました。

災害救助活動展示

途中から参加したため撮影できた分だけ紹介します。
中途半端になっていますがご了承ください。

救助活動

地上から救助隊の車が続々駆けつけました。

警視庁ポリスレスキュー


東京消防庁 消防救助機動部隊 1台目


東京消防庁 消防救助機動部隊 2台目


国立災害医療センター救急車


災害救助犬を乗せた車


警視庁SRT(特別救助隊)

警視庁 おおとり JA13MP

ロープを下げての人員救助に向かいました。

救出された人員が収容されました。

総務省消防庁 おおたか JA01FD

警視庁とともに東京消防庁の中型消防ヘリが救助活動に協力します。

UH-1H

救助された負傷者を迎えに来ました。


負傷者を収容しています。

消火活動


地上火災が発生しました!


消防車が急行!


UH-1Hがバンビバケットから水を放出し消火!


続いて消防ヘリが本体から水を放出しました!

CH-47チヌーク地上滑走

立川駐屯地航空祭名物
CH-47チヌークの地上滑走が12:00-14:00の間に行われました。
その頃は完全に晴れて絶好のコンディションになりました。

なお、地上滑走に参加するには時間指定の整理券が必要で先着順です。

2機で交代交代行われました。

機体単独で撮影しては物足りないので
風景も織り交ぜました。


ちょうど紅葉の時期に開催されたので周辺の紅葉を入れてみました。


立川のビル群をバックにすると迫力が増します。

おわりに

朝方の雨で当初は参加をためらいましたが
11時ごろには雨が止み、次第に天候が回復し快晴になったので
後半は絶好の航空祭日和になりました。

また途中からの参加と悪天候のキャンセルから
中途半端な形の航空祭となりました。

後編に続きます。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林