ソニー (SONY) α7III 導入レポート:Eマウント導入で将来を担保

こんにちは。
小林です。

筆者はこの度新しいカメラ機材
ソニー (SONY) α7III を購入しました。
その機材の模様をレポートします。

関連記事
ソニー(SONY)α7 III ボディ 2018年3月23日発売 ○AF性能が大幅に向上


ソニー SONY ミラーレス一眼 α7 III ズームレンズキット FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS ILCE-7M3K


ソニー α7III ボディ [ILCE-7M3] 《納期約1.5ヶ月》

購入のきっかけ

時代のニーズに対応するため

現在ソニー(株)はEマウントに力を入れており
Eマウントレンズのラインナップがここ数年で
かなり出揃ってきているのでゆくゆくは
メインレンズもそちらへの移行を視野に入れています。

機能が多すぎず少なすぎずちょうどいい

連写性能が10コマ/秒・有効画素数2420万画素は
筆者にはちょうどいいスペックで
データ処理の上で扱いやすいです。

人の動きの激しい被写体に便利な瞳AF

TDRのパレードやダンスなどで人の動きの激しい被写体を
撮影する機会が多い場合に顔の合焦率を高めるのに
うってつけのアイテムで撮影の成功率が高まりそうです。

常用感度ISO100-51200で高感度でも低ノイズ

薄暗い場所での撮影・天候の急変で日が陰った時などの撮影で
感度を上げざるを得なくなった場合でも
ノイズやザラツキを最小限にとどめプリントしても
見せやすくなります。

おわりに

カメラ機材の近代化の一環として
導入したα7IIIは一度使いやすさにハマると
前の機材に戻れなくなりそうなほど快適です。

それから同時にレンズ1本とマウントアダプターも
購入しておりそれはまた次回別途レポートします。


ソニー SONY ミラーレス一眼 α7 III ズームレンズキット FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS ILCE-7M3K


ソニー α7III ボディ [ILCE-7M3] 《納期約1.5ヶ月》

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする