Canon (キヤノン) EF70-200mm F4L IS II USM:フレア・ゴースト低減コートを強化させた2代目が6/28発売,予約受付中

こんにちは。
小林です。

今回は6/28発売予定の2代目モデルチェンジ型
EF70-200mm F4L IS II USM を紹介します。

以下の画像の引用元はこちら

関連記事
Canon (キヤノン) EF70-200mm F2.8L IS III USM:フレア・ゴーストを低減させた3代目が9月中旬発売,予約受付中

キヤノン EF70-200mm F4L IS II USM 《2018年6月28日発売 発売日にお渡し》

価格:161,830円
(2018/6/11 21:28時点)
感想(0件)

主な機能

以前紹介した EF70-200mm F2.8L IS III USM の姉妹版かつ
開放F値-1段とサイズを一回り小さくしたモデルであり
それと重複する部分は割愛します。

シャッタースピード換算で5段分の手ブレ補正効果の実現

高速CPUと高性能ジャイロが取り込まれ、かつアルゴリズムの改善で、
手ブレ補正効果をシャッタースピード換算で5段分まで向上しました。

手ブレ補正モードは静止状態の被写体用の「ISモード 1」の他にモータースポーツ・鉄道・航空写真の流し撮りに対応する「ISモード 2」、
さらにスポーツやダンスなどの動きの激しい被写体に対応する「ISモード 3」を新たに搭載。

「ISモード 3」シャッターボタン半押しには働かずシャッターが切れるときにだけ働きます。

Lレンズに似合う高い光学性能を実現

15群20枚のレンズ構成で内蛍石レンズ1枚、UD(特殊低分散)レンズ2枚を採用し、
小型ボディながら色収差を徹底的に補正。

またレンズ配置と形状の改善により最短撮影距離1.0mに短縮、最大撮影倍率0.27倍で
より被写体に近づけグッと迫力ある撮影ができます。

筆者の私見・F2.8モデルとの比較

高画質ながら小型軽量で扱いやすい

高画質を保ちながらも同F2.8L IS III USM より一回り小さく、かつ軽いので
荷物を減らしたい時にうってつけです。

また開放F値は1段暗いF4ですが明るさを確保する場合は
カメラ側のISO感度を上げるだけで済みます。

シャープネス重視派向け

被写界深度の浅さ次第で
F2.8モデルではボケ味を重視、
F4モデルではシャープネス重視
といった棲み分けができるでしょう。

おわりに

EF70-200mm F2.8L IS III USM より一足先の
6/28に発売されるEF70-200mm F4L IS II USM
比較的お手軽ながら高画質を確保した1本として重宝されるでしょう。

キヤノン EF70-200mm F4L IS II USM 《2018年6月28日発売 発売日にお渡し》

価格:161,830円
(2018/6/11 21:28時点)
感想(0件)

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林