ソニー FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS [SEL100400GM] :Eマウント用に特化した望遠ズームでさらなる性能アップを実現・当商品の口コミ

こんにちは。
小林です。

今回はEマウント向けの望遠ズーム
ソニー FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS
(SEL100400GM)を紹介します。
関連記事
ソニー(SONY)α7 III ボディ 2018年3月23日発売 ○AF性能が大幅に向上

以下の画像の引用元はこちら

ソニー FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS [SEL100400GM] 《納期約2-3週間》

価格:288,009円
(2018/5/15 22:58時点)
感想(1件)

主な特徴

妥協のない光学設計と高速・高精度なAF駆動により、シャープな描写を実現した超望遠ズームレンズ

スポーツや野生動物の撮影で求められる400mmの超望遠域をカバーするズームレンズ。

シャープな描写だけでなく、決定的瞬間を逃さず捉える高速・高精度なAF駆動を両立し、撮影領域をさらに広げる1本です。

機動性・信頼性・操作性にも配慮し、幅広い撮影ジャンルでプロフェッショナルの要望に応えます。

G Masterならではの高水準設計を満たした光学設計

スーパーED(特殊低分散)ガラスとEDガラスを効率よく配置し、望遠レンズ特有の軸上色収差を良好に補正。

黒が締まったヌケの良い画質を実現するナノARコーティングを施すことで全焦点域において画面全体までくっきり写し出します。

素早い動きの被写体を捉えて離さない高速で精緻なAF駆動

AF駆動にはダイレクトドライブSSM(DDSSM)とダブルリニアモーターを合わせたフローティング機構を初採用され、さらにAFアルゴリズムの最適化を合わせることで、瞬時に動き出すことと動きの速い、狙った被写体を離さないAF駆動を可能にしました。

撮影をサポートする操作性と信頼性の高さ

400mmズームレンズ級で最高水準の小型設計でEマウントシステムとして高い機動性のほか、
手ブレ補正・フォーカスホールドボタン・フォーカスレンジリミッター・着脱式の三脚座・フッ素コーティング、防塵・防滴性を高めた設計など、操作性や信頼性の高さであらゆる撮影シーンに快適なサポートを実現します。

また、1.4倍と2倍の高性能テレコンバーター(別売)も使用可能です。

製品仕様

●フィルターサイズ:77mm
●質量:約1395g (三脚座別)
●長さ:約205mm
●最大径:約93.9mm
●レンズ構成:16群22枚
●焦点距離:100-400mm

口コミ

価格ドットコムから引用

かつて使用したEF100-400㎜より軽くて、同等性能

朝の散歩のおともに、過去、CANON EOS 7D2 + Sigma150-600mm、 OLYMPUS EM1 mark2 + Leica 100-400mm等を携帯して歩いていた。

主には、散歩道に時折出現する野鳥等を撮っていたが、所詮は散歩のついで。本格的に鳥をやっているわけではない。

しかも、システムは基本SONYで組んでいるということで、α6500と本レンズを購入した。

予想通りで、動き物の撮りやすさでは、今まで使用したセットに及ばない。しかし、そこは割り切った上で購入している。

散歩中の写真ばかりで、風景などを撮るフルサイズαでは、まだ使ってみたことがない。

全域シャープで、よくできたレンズだと思う。印象だけで言えば、性能は、かつて使用したCANON EF100-400㎜(新型)と同等だと思う。

しかも、相対的に軽い。カメラも軽いので、ばかにならない重量差になる。

また、これはSONYズームレンズの美点だと思うが、レンズが伸びた時でも、鏡筒にしっかり感がある。

このように従来の100-400mmズームに比べ性能もよく軽くて使いやすいとのことです。

ハイレベルのバランス

テレ端の解像力、重量と大きさのバランスが秀逸でまさに名玉。
α9と組み合わせて使うと驚くほど良く写ります。

動体への食い付きや追従性能はカメラボディの性能に依存するためレンズ単体では評価しにくいですが画質そのものはレンズで完結していますので明確です。

テレ端の解像は申し分なくシャープで望遠レンズとしては飛び抜けた性能であると思います。

AF中の駆動音や振動もSEL70200GMと比べると静かで撮影中の集中を邪魔することもありません。

サードパーティ製の望遠レンズに比べると価格が高めであるという問題はありますが、価格に見合った性能を持っていると思います。

また、テレコンバージョンレンズも1.4倍までならば特に躊躇せず使うことが出来ます。

晴れた日であればF8になっても暗いと感じることはなく安心して動体を撮影できます。

現状Eマウントの望遠レンズは少ないのですが、これ一本が十分な説得力を持っているため400F2.8が完成するまでの繋ぎとしては申し分ない存在感があります。

400F2.8が発売されたとしても画質と重量のバランスを考えるとこちらのほうが勝っているかもしれません。なにより軽いため手持ちで撮影出来る点が優れています。

敢えて欠点を上げるのであればフルタイムMFが使えない事でしょうか。

AF/MF切り替えスイッチはフルタイムMFのON/OFFスイッチのほうが実用的かと思います。

それ以外は敢えて粗探しをする目線であっても欠点が見当たらないです。

SEL100400GMはEマウントカメラを使っている人ならば持っていて損のない一本であると思います。

このように高画質・AFが静かで速い・小型軽量など最高技術の結晶でこれだけの高性能を誇れば申し分ないでしょう。

おわりに

最高の光学性能,AF・AEの高速化,防汚・防反射のコートの徹底でより高画質に、より快適な撮影を実現する当商品SEL100400GMは
Eマウント導入時に望遠派の人にとってこの1本を導入すればほぼ将来を見据えられるでしょう。

ソニー FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS [SEL100400GM] 《納期約2-3週間》

価格:288,009円
(2018/5/15 22:58時点)
感想(1件)

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林