ソニー(SONY) 新型APS-Cミラーレス α6400が発表される-フルサイズ機の技術のノウハウをAPS-Cに盛り込む・瞳AFがさらに進化

こんにちは。
小林です。

ミラーレスAPS-Cの新機種
α6400が発表されました。
今回はその模様を中心に取り上げていきます。

1/22から先行予約が開始され
2/22に発売です。


ソニー α6400 ボディ ブラック [ILCE-6400 B] 《2019年2月22日発売 発売日にお渡し》《納期未定》


ソニー SONY ミラーレス一眼 α6400 ボディ ブラック ILCE-6400 B

ITmedia NEWS「ソニー、新型Eマウントミラーレスカメラ「α6400」を発表」から

スポンサードリンク




ネットから

IT mediaニュースから

ソニー、新型Eマウントミラーレスカメラ「α6400」を発表
AFスピードが格段に向上し
最速0.02秒でシャッターチャンスに強くなっていきます。

またリアルタイム瞳AFが採用され
マニュアル(左目or右目かの選択)やオートのいずれかが設定でき
動きの激しい人物においての表情の合焦率が高まります。

YouTubeから

Sony α6400 が登場!~Youtubeの収録や野鳥撮影に使えそう?~


@883 Enif (ぱぱさん えにふ)

彼をはじめとするYouTuberにとって一番の強みが
180°チルト液晶が搭載されたこと
これにより自撮りやモニターを確認しながらの
撮影で表情もチェックしやすくなります。

ただし位置的に外部マイクを取り付けた場合
上げたチルト液晶が隠れてしまうので
その場合はブラケットで横付けするか
内蔵マイクで収録する形となるでしょう。

※マイク端子(プラグインパワー・3.5φミニジャック)
装備なのでミニプラグ式のマイクを
こちらにつなぐことも可能です。

筆者の私見

既存のα6300とα6500の中間をとっている

当機種はα6300とα6500の平均化を図りながらも
両機に足りない機能を追加したモデルで
何と言っても瞳AFを強化し動きの激しい被写体での
表情の合焦率を格段にアップしたのが最大の武器です。

瞳AFはシャッターボタン半押しで機能するようになり
オートの他にマニュアルで左目か右目かの設定ができ
シーンに合わせて使い分けるのに便利です。

ボディ内手ブレ補正は未搭載

動きの激しい被写体を撮影する機会が多いユーザーにとって
少し厳しいですがその場合はEマウントでOSS搭載レンズの
使用が望ましくなるでしょう。

おわりに

今回発表されたα6400は何と言っても瞳AFの強化で
ポートレートのみならずダンスなど
動きの激しい被写体においての追尾性能を格段に向上させ
より表情豊かな撮影が実現するでしょう。


ソニー α6400 ボディ ブラック [ILCE-6400 B] 《2019年2月22日発売 発売日にお渡し》《納期未定》


ソニー SONY ミラーレス一眼 α6400 ボディ ブラック ILCE-6400 B

ITmedia NEWS「ソニー、新型Eマウントミラーレスカメラ「α6400」を発表」から

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林