ニコンファンミーティング2018レポート:新製品ラッシュで大賑わい

こんにちは。
小林です。

表題のように1,2日に渋谷で開催された
ニコンファンミーティングに行ってまいりました。

新製品が多数発表されたばかりなので
その製品のレビューなどを中心にレポートします。

Z7

今回のファンミーティングで注目すべきは
ニコン初のフルサイズミラーレス「Z7」で
いよいよ発売が14日に迫ってきました。

関連記事
ニコン ミラーレス2機種を発表:9月下旬以降発売開始へ

デモ機


【送料無料】Nikon Z7 ボディ JAN末番1088※9月下旬発売予定


デモ機NIKKOR Z 35mm f/1.8 S付きを試してみました。
ファインダーも見やすく
AFも速かったでした。

【お一人様1台限り】【2018年9月下旬発売予定】Nikon ニコン 交換用レンズ NIKKOR Z 35mm F1.8 S

プレゼンテーションで分かったこと

Z7を撮影しての作例をいくつか紹介され
感度3200まで上げてもノイズが少なく
薄暗い場所でも画像の品質を保てていました。

感度3200まで上げてもノイズが少なく
5軸手振れ補正も手伝って手持ちでも可能で
写真のクオリティーを比較的キープし
夜景撮影や夕暮れでの撮影に最適です。

AF-S NIKKOR 500mm F5.6E PF ED VR

関連記事
ニコン (Nikon) AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR:9/14発売予定-PFレンズ採用で小型軽量化を実現

手に取ってみたら思ったより軽く
また一瞬で合焦するのに驚き
拍子抜けの快適さで
単焦点ならではの強みを感じました。

主に航空機や野鳥の撮影に最適で
500mm F4に比べ小型軽量なので
荷物を小さく軽くまとめたい時に便利です。

COOLPIX P1000

関連記事
ニコン COOLPIX P1000:9/14発売-驚異の光学125倍ズームで24-3000mm相当の画角を搭載


ニコン COOLPIX P1000 《2018年9月14日発売 発売日にお渡し》

現物を見たらかなり大きく手に収まらないです(笑)
何しろ光学125倍ズームで35mm判換算で3000mm相当なので
コンパクトバズーカとも言えましょう(笑)

展示コーナーでも試しました。
24-3000mm相当の125倍ズームを
ワイド端~テレ端で動かしてみたら長い長い。

そこで3000mmを初めて経験しました。
それなりに写る範囲が狭く
少し動いただけでもブレやすくズレやすいので
三脚必須で位置調整に神経を使います。

更に倍のダイナミックファインズームで6000mm相当、
そのまた倍のデジタルズームで12000mm相当で
宇宙単位(太陽系は土星?)まで引き寄せます。

3000mmでは野鳥・天体撮影に向いており
その際は微調整ができる三脚使用を推奨です。

おわりに

新製品ラッシュのニコン
フルサイズミラーレス「Z7」をはじめ
軽量化を図ったAF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR,
光学125倍ズームで3000mm相当まで迫れるCOOLPIX P1000など
驚きの製品が続々登場する興味深いイベントでした。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林