2018.7.1,2 横田基地レポート:英空軍ボイジャーKC-2,EA-18Getc

こんにちは。
小林です。

1,2日は横田基地へ展開しましたので
その模様をレポートします。

尚滑走路運用は両日ともRW18でした。

スポンサードリンク




撮影機材

カメラ

ソニーα900(1日)
ソニーα58(2日)

レンズ

ミノルタ AF24-85mm F3.5-4.5 New
ミノルタ AF ZOOM 70-210mm F4.5-5.6
タムロン SP 150-600mm F5-6.3 Di USD G2 (Model A022)
上記3本は1日
ソニー 70-300mm 4.5-5.6G SSM II (SAL70300G2)
2日はこの1本のみ

1日:RAF ボイジャーKC-2,EA-18G他

RAF ボイジャーKC-2

DSLR-A900 ISO200 1/250 F16

イギリス空軍(RAF) ZZ330 が7:30頃に着陸しており
ターミナルに留まっていました。
ちなみに英空軍100周年マークがついています。

EA-18Gグラウラー

DSLR-A900 ISO200 1/1000 F8

6/29に飛来していた NL512,NL515 がバックタキシーののち並びました。

DSLR-A900 ISO200 1/1000 F8

DSLR-A900 ISO200 1/1000 F8

14:48頃 NL512,NL515 がそれぞれ離陸しました。

MC-130H

DSLR-A900 ISO200 1/320 F11

17:30頃 88-0264 が離陸しましたが西側を一周して数分で戻りました。

2日:C-17,C-5M,RAF,C-12U,CV-22

C-17

SLT-A58 ISO100 1/400 F7.1 +0.7EV

12:01頃 ハワイ州パールハーバー・ヒッカム統合基地の 05-5146 HH が着陸し、
半逆光の中での撮影でした。

C-5M

SLT-A58 ISO100 1/400 F8

12:32頃 カリフォルニア州トラヴィス基地の 86-0026 が離陸しました。

RAF ボイジャーKC-2

1日朝に飛来していた ZZ330 が13:39頃離陸しました。

SLT-A58 ISO100 1/320 F8

分かりづらいですが機首にも英空軍100周年マークがついています。

SLT-A58 ISO100 1/400 F8

垂直尾翼の英空軍100周年マークをアップで。

SLT-A58 ISO100 1/500 F8

1泊したのち横田を後にしました。

CV-22オスプレイ

13-0069,14-0074によるフライトで配備以来初めて夕方~夜間で実施されました。

SLT-A58 ISO200 1/640 F6.3

SLT-A58 ISO100 1/250 F6.3

17:52から13-0069,14-0074がそれぞれ離陸し、ほぼ別々で行動しました。

SLT-A58 ISO100 1/320 F7.1

18:01頃 セスナ機(N5241F)とイースト側に入ってきたオスプレイが同時進入し重なりました。

SLT-A58 ISO16000 1/6 F5.6

夜間帯に突入し夜間撮影することになり
20:50頃 1機目が戻り翼端灯が付きリングができました。
筆者所有のカメラ限界のISO16000まであげてスローシャッターで実現。

SLT-A58 ISO16000 1/6 F5.6

20:55頃 2機目の戻りは翼端灯は消灯状態でした。

C-12U

SLT-A58 ISO100 1/200 F6.3

在韓米陸軍の 84-0152,84-0155 が並んでタキシングしてきました。

SLT-A58 ISO100 1/320 F5.6

SLT-A58 ISO100 1/320 F8

ただし上がりは別々で18:05頃に84-0152が、18:07頃に84-0155がそれぞれ離陸しました。

おわりに

今回取り上げた中で一番大きかったのは
英空軍(RAF)ボイジャーKC-2の飛来で
しかもRAF100周年マーク付きなので
一生に一度見られるか否かのレア物でした。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林