京王電鉄初の座席指定ライナー「京王ライナー」2.22デビュー

こんにちは。
小林です。

今回は2月22日にデビューすることが決定した
京王電鉄の座席指定列車「京王ライナー」についてお話しします。

スポンサードリンク




はじめに


デビューまで1か月を切った、新5000系使用の「京王ライナー」
これまで有料列車がなかった京王電鉄に座席指定列車の登場で快適な移動が期待されます。

さらにコンセント・フリーWi-fi・空気清浄器とサービスが盛りだくさんです。

(現物の写真がないためポスターで代用)

京王電鉄に2018年2月22日(木)、同社初の座席指定列車「京王ライナー」がデビューします。 京王電鉄に2018年2月22日(木)、同社初の座席指定列車「京王ライナー」がデビューします。

車両は新型車両の5000系電車を使用。一般の列車として運行される際は、ほかの京王電車と同様、窓を背にして座るロングシートの状態ですが、「京王ライナー」として運行される際は、車端部の3人掛け座席を除き、2人掛けのクロスシートに切り替わります。

照明も、「京王ライナー」が運転される夕・夜間は落ち着いた暖色に変化。車内はフリーWi-Fiや空気清浄機「ナノイー」が導入されるほか、全席に電源コンセントが備わるなど、快適な空間になっています。

「京王ライナー」は、平日・土休日ともに、新宿発下りで1日につき計10本を運転。京王八王子行きは5本で、途中の停車駅は府中、分倍河原、聖蹟桜ヶ丘、高幡不動、北野です。橋本行きも5本で、途中は京王永山、京王多摩センター、南大沢に停車します。

座席指定券は1席400円です(子ども同額)。新宿駅の専用券売機や、インターネットのチケットレスサービスで購入できます。ただし、府中~京王八王子間と京王永山~橋本間のみ乗車する場合は不要です。

-以下略-

詳細はこちら
1分で分かる「京王ライナー」 Wi-Fi、コンセント付きで座って帰宅!(動画ページあり)

京王ライナーの途中停車駅

京王八王子方面

府中・分倍河原・聖蹟桜ヶ丘・高幡不動・北野

橋本方面

京王永山・京王多摩センター・南大沢

ただ調布駅が停車駅に含まれていないことに賛否両論ありますが
これは遠方の客を新宿からひとっ飛びで到着させるための考えと言われています。

中央線快速に例えれば平日朝の上りのみに運行される
「通勤特快」と似たようなケースで
国分寺を出たら新宿までノンストップで行くのと運用的には同じです。

参考:通勤特快東京行き 国分寺-新宿間ノンストップ

おわりに

京王ライナーのデビューは利用者にとって未知の世界であり
この上ないサービスが提供され今後の京王電鉄に新風を吹き込むことでしょう。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林