2018.11.20 昇仙峡レポート(2):仙娥滝・覚円峰・天狗岩etc

こんにちは。
小林です。

前回に引き続き昇仙峡レポートで
表題のように仙娥滝・覚円峰を取り上げます。

関連記事
2018.11.20 昇仙峡レポート(1):昇仙峡滝上~弥三郎岳の絶景

スポンサードリンク




カメラ
ソニーα7III(ILCE-7M3)
スマホのカメラ(撮影データなし)

レンズ
ソニー FE24-105mm F4G OSS (SEL24105G)
ダイレクトに装着

タムロン SP 35mm F/1.8 Di USD Model F012)
+マウントアダプターLA-EA3

仙娥滝

シャッタースピードを変えながら
いくつか撮影してみました。
上から速い順に。

ILCE-7M3 ISO400 1/1000 F1.8 -2EV

ILCE-7M3 ISO50 1/125 F1.8 -2EV

ILCE-7M3 ISO400 1/30 F5.6 -2EV

ILCE-7M3 ISO400 1/15 F8 -2EV

ILCE-7M3 ISO100 1/4 F16 -2EV

ただ撮影するだけでなく
シャッタースピードを変えながら
水の流れ具合を楽しむのも格別です。

覚円峰・天狗岩

ILCE-7M3 ISO400 1/3200 F2.8

撮影は15:04頃で日が陰っていますが
晴れた午前中なら順光でバッチリ決まります。

覚円峰

ILCE-7M3 ISO400 1/640 F4 -0.7EV

縦長の岩で昇仙峡の象徴的存在です。

天狗岩

ILCE-7M3 ISO400 1/2500 F4 -0.7EV

岩肌がゴツゴツしていて
いかにも険しいです。

ILCE-7M3 ISO400 1/125 F4 -0.3EV

フジカラーのベンチ
だいぶ色あせており年代物感を漂わせます。

その他道中で見たもの

仙娥滝~覚円峰間

ILCE-7M3 ISO400 1/250 F2.8 -0.7EV

ILCE-7M3 ISO400 1/320 F2.8

半逆光と紅葉
日が傾いてきた頃ですが束の間の日光に
透かして見ると透明感が増しました。

黄金池と黄金の鯉

ILCE-7M3 ISO1600 1/200 F4 +2.3EV

ロープウェイ下の仙娥滝駅の黄金の鯉

ILCE-7M3 ISO1600 1/200 F4 +2.3EV

話によるとロープウェイ創業当時から
飼われていた鯉が2014年の大雪で全滅したとのことで
復興を込めて黄金の鯉が放たれ「黄金池」となりました。

店先の猫

ILCE-7M3 ISO1600 1/320 F4.5

とても人懐っこくカメラを近づけ
ローアングルにしても逃げずに目線をもらい
快く撮影に応じてくれました。

おわりに

今回久しぶりに訪れた昇仙峡
紅葉シーズン終盤ともあって平日にもかかわらず
人が多く賑わいました。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林