2018.10.21-23 鉄道の動き:LSE廃車回送・E231系3000番台AT出場etc

こんにちは。
小林です。

21日から23日の鉄道の話題を
ネットと筆者の取材を交えながら
取り上げます。

スポンサードリンク




主な鉄道の動き

E231系3000番台4本目AT出場

ILCE-7M3 ISO400 1/800 F5.6

1回目 後追い 東十条付近にて

ILCE-7M3 ISO400 1/500 F4

2回目 南浦和にて

ILCE-7M3 ISO400 1/500 F4

川越線・八高線の歴代の3000番台において
3006番が初登場しハエ46編成となる予定です。

尚、種車の番号の関係で
43編成と44編成が飛んでいるものの
この残り2本が揃えば八高・川越線の車両の
幅広車体化が完了します。

7000形LSE廃車回送


小田急ファミリー鉄道展2018で最後の展示を行った
ロマンスカー7000形LSE7004Fが翌22日に
大野検車区へ廃車回送され
海老名-相模大野間にて最後の本線走行となりました。

一部は2021年オープン予定の
ロマンスカーミュージアムへ
展示されるものと思われます。

E231系ミツB27編成運用離脱


E231系ミツB27編成が20日の1637C運用を以て離脱し
22日に方向転換回送を実施したうえ三鷹車セに再入区しました。


8181T、つまりバイバイを意味する列車番号で
細かい粋な計らいが見え隠れします。

DSLR-A900 ISO800 1/125 F5.6

山手線E231系6扉車組換え用4扉車配給
2010.10.12 東十条にて

DSLR-A900 ISO100 1/320 F3.2

山手線E231系6扉車廃車配給
2011.7.2 塩崎-韮崎にて

ちなみにこの編成は山手線E231系の6扉車→4扉車のトレードで
TIMSを使う関係東京総合車両センターに転属の上
トウB27編成として6両化・中間に4両組み込み
新製・廃車配給の控車に活用された編成でもありました。

おわりに

三鷹車両センターのE231系置き換え・
転用改造は現在進行形な一方で
小田急7000形LSEの廃車回送は
一つの時代が終わった瞬間でもありました。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林