2018.8.2 鉄道の動き:長野からクモユニ143配給・185系廃車回送

こんにちは。
小林です。

2日は表題の通り中央本線経由での
長野総合車両センターからの出入りがありましたので
その話題をTwitterを中心に取り上げます。

スポンサードリンク




クモユニ143形配給

長野総合車両センター(以下NN)の構内移動や
長野駅-NN間の職員輸送に使われれている車両でしたが
このうちクモユニ143-3の1両が東大宮に向けて配給されました。

篠ノ井線 坂北-西条・田沢駅にて


牽引機に茶釜のEF64 37が使われることもあって
沿線は多くのギャラリーが詰めかけ賑わいました。

東北本線(東北貨物線) 別所(信)-大宮操にて


さいたま市に姿を見せたクモユニ配給
翌日(3日)には向きをそろえる方向転換の配給が実施される予定です。

185系B2編成廃車回送

波動用編成で唯一の8両編成のB2編成が
この度自走で廃車回送されました。
いよいよ185系の本格置き換えが現実味を帯びてきました。

西浦和駅


ゆっくりと東北貨物線を下ってきたB2編成
臨時列車としてこの区間を何度も経由してきましたが
これも最後です。

八王子駅


E353系と並ぶB2編成は運命的な出会いのようでした。

185系の置き換えは左のE353系が関係しており

中央本線特急列車に順次E353系を投入

既存のE257系を置き換え

捻出されたE257系を転用改造して185系を置き換え

このように玉突き現象が起きるので理由は簡単でした。

それ以外に幕張車両センターでもE257系500番台を持て余していることも遠因でしょう。

おわりに

この日(2日)は185系の廃車回送のほか
クモユニ143形の長野-東大宮の配給も実施され
NNの出入りで中央本線沿線が熱くなりました。

それから炎天下の中撮影された方々
お疲れ様でした。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林