2018.8.1 鉄道の動き:都営5300形・新潟115系の廃車回送が同じ日に実行される

こんにちは。
小林です。

8月に入り夏真っ盛りにさしかかりましたが
いかがお過ごしでしょうか?

さてこの日は廃車回送が2件実施されましたので
この話題を中心に取り上げます。

スポンサードリンク




都営5300形


5500形の運用入りを前に「白い悪魔」とも呼ばれた
5300形5301Fが京急久里浜へ廃車回送されました。
この編成は7/27で運用を離脱しています。


動画バージョン
5301Fの最後の雄姿をお楽しみください。
「白い悪魔」とは起動音がうるさいことからこう呼ばれたそうです。

新潟車両センター115系L99編成

ATSや列車無線の関係で新潟車両センター115系の大宮車セ検査入場や
高崎車両センター115系の廃車回送の伴走車として陰で活躍していた
L99編成が役目を終えこのたびこの編成自身も廃車回送されました。

この編成はかつて中央本線で長野に所属し
C3編成として6両で活躍していたもので
211系への置き換えの際に6両丸ごと新潟へ転属し、
そののち4両へ短縮し今日まで至ってきました。

越後石山から


いよいよ長野へ向けて回送を待つL99編成
ATS-Pやその区間に合う列車無線など
必要なものが備わっており全区間堂々と自走で通過できます。

群馬総社-新前橋間


夏空に映える水色の長野色115系
この日は猛暑がぶり返し入道雲が出ました。

行田-北鴻巣間


高崎線ではこの列車が通過する前に人身事故があり運転打ち切り?
と思われましたが意外に早く30分で運転再開し遅延しながらも
無事当該区間を通過しました。

立川-日野間

SLT-A58 ISO200 1/400 F9

古巣の中央本線に束の間の帰還で15:00頃 通過しました。
しかし外観の痛みがところどころ目立ち痛々しいです。

猿橋駅にて


この列車が到着する頃にゲリラ豪雨があり
まるで涙雨のようでしたが発車時は止みました。

竜王にて


中央本線内でL99編成が最新のE353系と顔を合わせるのは
この日が最初で最後となりお互い驚いていたことでしょう。

この後L99編成はこの日(8/1)のうちに長野総合車両センターに到着し、
束の間の里帰りとなることでしょう。

JR東日本が失うもの


この廃車回送でJR東日本所有の115系から失うものは
長野色・モハ115形・奇数向きのクハ115形・4両編成…など多数です。

おわりに

都営5300形の廃車が始まった一方で
事業用車扱いだった115系ニイL99編成の廃車回送が
同時進行されある意味動きが盛んな1日となりました。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林