第45回東京モーターショーレポートその1-日本車

こんにちは。
小林です。

先日(11/1)に東京モーターショーを見に行ってまいりました。
そのレポートを写真を通じて数回に分けて簡単に行いたいと思います。

東京モーターショー会場入り口

スポンサードリンク




はじめに

東京モーターショーは今回で45回目で
10/28-11/5まで開催されました。

いずれの日も多くの客が訪れ
かなり人気のイベントでした。

何と言ってもステージ中央を彩る
コンセプトカーが目を引き
近未来を感じさせられ、
乗る車より見せる車になっています。

特にスーパーカーはいつの時代でも
人気は衰えず常に人だかりが絶えません。

次に車の写真へ参ります。
※撮影できた分だけ一部紹介します。

展示車-日本車

トヨタ

TJクルーザー

TJクルーザー
ライトバンとSUVを融合させた新ジャンルのクロスオーバーとして
当イベントで初披露されました。

ダイハツ

DNコンパーノ(右)とコンパーノベルリーナ(左)

元々は1963年に小型乗用車としてデビューしたモデルで
その当時のデザインを現代風にアレンジしたものです。
現時点では商品化されないとのこと。

三菱

OUTLANDER ACTIVE GEAR

アウトランダーPHEVアクティブギア
内外装にオレンジのアクセントカラーがあしらわれています。

日産

GT-R

GT-R 2017年モデル
8年ぶりにフルモデルチェンジが行われ、
エンジンの馬力アップ、雑音の低減が図られました。

スズキ

スズキ スペーシアコンセプト

デビューから5年目にしてフルモデルチェンジが行われ
新型モデルは2018年春から夏あたりが予定されています。

独特な手の組み方をするコンパニオン

またコンパニオンの手の組み方が独特で
後に話を聞いたらスズキの「S」のロゴを表していました。

マツダ

マツダ 魁(kai) コンセプト

マツダ 魁(かい) コンセプト
世界で初めて公開されました。

終わりに

東京モーターショーは毎度のことですが
連日すごい人数で撮影には手間取りましたが
それでも賑やかな雰囲気に酔いしれました。

次に続きます。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林