第45回東京モーターショーレポートその2-輸入車・二輪車

こんにちは。
小林です。

前回に引き続き東京モーターショーの
2回目のレポートで、
今回は輸入車・二輪車を中心にお伝えします。

関連記事
第45回東京モーターショーレポートその1

スポンサードリンク




展示車-輸入車

アウディ

Q8スポーツコンセプト
マイルドハイブリッドを搭載し、
馬力と走行距離がアップしています。

BMW

アルピナ(写真はB7)
ジャパンプレミア2台を含む5台が
アルピナ特設ブースで展示されていました。


6シリーズ グランツーリスモ
前モデルの5シリーズから客室と荷物室のスペースが広くなり
デザインがスポーティーになっています。

ボルボ

10月18日に発売されたばかりの新モデル。
ボルボの自信作で今回はこのXC60のみに絞って
西ホールアトリウムで独占展示されていました。

メルセデスベンツ・メルセデスAMG


A180 AMG STYLE


Mercedes-AMG Petronas F1 W08 EQ Power+


smart vision EQ fortwo
デザインもさることながら前面表示がカワイイ☆

ポルシェ


ポルシェ356スピードスター
ステージ上に展示された古くて白い車が
多くの人にインパクトを与えていました。


cayenne(カイエン)
アジアで初めて公開された新型モデルです。


718 cayman(ケイマン) S

プジョー


プジョー308
今回の展示で発表された改良新型です。


プジョー5008
2列シートモデルのプジョー3008のホイールベースの延長で
3列シートに改良され、日本で初展示されました。

展示車-二輪車

XEAM

notte(ノッテ)
EVスクーターで、本体充電だけでなく
パワーアシストサイクル同様
バッテリーを取り出して充電することができます。

カワサキ


ninja 250
今回エンジン・フレーム・スタイリングを一新し
フルモデルチェンジされました。

ヤマハ


レース用モデル「YZR-M1」

スズキ


手前からSWISH(スウィッシュ)・SV650X・GSX−R125

終わりに

今回の記事は説明不足が多々ありますが
なにとぞご了承ください。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林