キヤノン (Canon)EF-M32mm F1.4 STM:EF-M初の大口径単焦点レンズ-21日発売

こんにちは。
小林です。

EF-Mシリーズで初のF1.4を誇る
大口径単焦点レンズが21日に発売することになりました。

今回はその商品を取り上げます。

関連記事
キヤノン(CANON)デジタル一眼カメラ EOS Kiss M ~

以下の画像引用元はこちら


《新品》Canon (キヤノン) EF-M32mm F1.4 STM[ Lens | 交換レンズ ]【KK9N0D18P】 発売予定日 :2018年9月21日


キヤノン EFレンズ EF-M32mm F1.4 STM EF-M3214STM

Lレンズに近い高コントラスト・高解像度を誇る描写性能を実現

高精度ガラスモールド非球面レンズ1枚を組み込んだ8群14枚のレンズ構成で
画面中心から周囲までLレンズに近い高コントラスト・高解像度を誇る描写性能が実現。

また独特のボケ味を生かしたポートレートやスナップ撮影など様々なシーンでの撮影に最適です。

F1.4 の明るい開放絞り値の大口径単焦点レンズながら小型・軽量

EF-Mでは最も明るいF1.4の大口径の採用により美しいボケ味を楽しめるほか
夜間や屋内・暗所でもシャッター速度を確保しブレを抑えつつ高画質での撮影が可能です。

またバックフォーカス(フランジバック:マウント最後面と撮像面までの幅)の短さの特徴を活かした
全長56.5mm、質量約235gの小型・軽量設計で気軽に持ち歩き撮影が楽しめます。

快適な撮影を実現する各種仕様

最短撮影距離23cm,最大撮影倍率 0.25倍によりボケ味を活かしたクローズアップ撮影が楽しめます。

またマウント部に金属素材を採用し高品位かつスッキリしたデザインになっています。

筆者の私見

小型軽量と高画質を両立

キヤノンご自慢の高コントラスト・高解像度を誇る
Lレンズの技術がこの小型軽量化した1本に凝縮し
プロ並みの画質が手軽に楽しめる小さな巨人です。

スッキリとしたデザインで気軽に持ち運べる

大きな公園などの散策や散歩時の撮影に便利で
小さくてプロ並みの高画質なら
シャッターが何枚でも進みます。

おわりに

Mマウントで初めて大口径かつ高画質を誇った
EF-M32mm F1.4 STMはLレンズのノウハウを生かした
一品ともいえるでしょう。


《新品》Canon (キヤノン) EF-M32mm F1.4 STM[ Lens | 交換レンズ ]【KK9N0D18P】 発売予定日 :2018年9月21日


キヤノン EFレンズ EF-M32mm F1.4 STM EF-M3214STM

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林