2月28日の大宮総合車両センター:209系2100番台出場・小田急4000形・E233系7000番台etc

こんにちは。
小林です。

28日は大宮への用事があり
途中で立ち寄った大宮駅と大宮総合車両センター(以下OM)の
レポートを行います。

スポンサードリンク




小田急4000形4056F

SLT-A58 ISO200 1/250 F9

パンタグラフが上昇中で通電試験を行っていると思われ、
OMからの出場も近いです。

E233系7000番台 ハエ131編成

SLT-A58 ISO200 1/30 F4.5

検査目的ではないもののE233系7000番台のOM入場は珍しいです。

SLT-A58 ISO200 1/250 F11 ※トリミングしました

車番は未確認でしたがサハ1両がポツンと佇んでおりこの車両に線路設備モニタリング装置を付けるものと思われます。

209系2100番台マリC429編成

SLT-A58 ISO200 1/250 F10

11:33頃OM構内から南へ進み、出場の模様です。

E231系の余剰車

SLT-A58 ISO200 1/250 F5.6 ※トリミングしました

元ミツB9・B13編成が8両に短縮の上武蔵野線に転用され、両編成から外された4両が大宮駅構内南側に留置されていました。

日光線205系600番台「いろは」出場

日光線205系600番台を改造した観光列車「いろは」のOM出場がありました。


観光列車「いろは」の詳細は別途紹介します。

武蔵野線205系ケヨM11編成出場


一時は離脱が噂されていたM11編成が無事検査を通りOMを後にしました。
この編成を以って武蔵野線205系のOM入場は最後になってしまうか果たして…

この2編成は筆者が大宮に向かう前に出場していました。

おわりに

この日は209系2100番台と
筆者が大宮に行く前に205系2本の出場があり
現場に居合わせたファンにとっては目白押しでした。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林