2019.1.21 鉄道の動き:元青森485系最後の1本KYへ配給・E231系マト124編成NN入場

こんにちは。
小林です。

21日は元青森485系のKY配給と
松戸車セE231系付属編成の
NN入場がありました。

今回はその模様をネットの話題を通じて
取り上げます。

スポンサードリンク




21日の主な鉄道の動き

元青森車両センター485系ラスト1編成KY配給


最後に残ったのはA6編成で
その編成を牽引したEF81 136とともに高崎線を行く。

前面と足回りの雪化粧が日本海側の
豪雪地帯を経由したことを物語っています。


田端運転所-三河島-馬橋の短絡線経由で
方向転換し再び北上する過程で
武蔵野線東浦和付近を通過する頃には
雪がだいぶ解けていました。


郡山に到着した485系A6編成
今回の配給を以ってジョイフルトレインを除く
JRグループでの特急用485系がすべて退役し
一つの時代が幕を下ろしました。

長い間お疲れ様でした。

E231系マト124編成NN入場


松戸車両センターE231系マト124編成(付属5両)が
機器更新のため長野総合車両センター(NN)へ
自走で入場回送されました。

中央本線 竜王-塩崎間にある
竜王カーブを通過するシーンも
5両では軽やかです。


一方東浦和付近ではE231系NN入場が通過する前後に
別の注目列車が走っていました。

通過前に上記の485系配給、
通過後にEF65 1104牽引によるロンチキ配給・
さらに原色EF65 2096牽引のタキ20両貨物と目白押しで
居合わせた人は二毛作ならぬ四毛作となったであろう。

おわりに

筆者は不参加でしたが485系の最終配給
E231系のNN入場の他にロンチキ工臨・
原色EF65牽引のタキと1ヶ所で4本もの注目列車が
運行され短時間で濃い内容となったであろう。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林