2019.5.17 鉄道の動き:顔詐欺編成ことケヨM35編成ジャカルタ譲渡へ向けた配給実施

こんにちは。
小林です。

17日は武蔵野線から
いや、日本からまた一つ特徴的な編成が
去っていきました。

今回はその模様を
筆者の取材とネットの話題を
交えて取り上げます。

スポンサードリンク




17日の主な鉄道の様子

ケヨM35編成譲渡配給

武蔵野線 東川口-南越谷 ILCE-7M3 ISO200 1/500 F6.3 +1EV

譲渡16本目となるケヨM35編成が
EF64 1030牽引で新津まで
配給されました。

ILCE-7M3 ISO200 1/500 F5.6 +1EV

最後尾の行き先表示はLED表示風に
「むさしのドリーム ジャカルタ」
でした。

武蔵野線205系VVVF改造車で
唯一の丸顔編成で「顔詐欺編成」と呼ばれて
ファンの間で注目されていました。

さらに2014年頃に行先表示がLED化され
更に個性が強まり異彩を放った編成でした。

Twitterから


譲渡16編成目にして初めて
武蔵野線生え抜き車が含まれ
確実に205系が減っていくのが
改めて実感させられます。


1991年秋の新製配置以来
車両不足で唯一のVVVF改造編成でありながらも
武蔵野線一筋25年以上よく務めました。

そして代替で組まれた元トウ16編成のT31,32は
現存するサハ205では最若番でしたが
ドア窓の大きさが両端3両ずつが大窓,
中間2両が小窓とつぎはぎ編成と真逆でした。

おわりに

今回譲渡に向け配給された
ケヨM35編成は初の丸顔編成だったため
ネット上でも大いに注目を集めました。

今後残った生え抜き車4本も
後を追ってインドネシアに渡る
予定です。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林