2019.7.23-26 鉄道の動き(大手私鉄編):西武10000系初の廃車回送・京成3100形J-TREC出場・相鉄12000系品川入線etc

こんにちは。
小林です。

23-26の鉄道の出来事を
今回は大手私鉄を中心に
ネット情報をもとに
取り上げていきます。

関連記事
2019.7.23-26 鉄道の動き(JR東日本編,追加分):E531系増備・武蔵野線205系譲渡に向けての配給etc

スポンサードリンク




西武鉄道

10000系10103F横瀬に回送


遂に10000系「ニューレッドアロー」が
横瀬へ回送され廃車が始まりました。

今回回送されたのは10103Fで
プラチナエクスプレス秩父で
この姿のまま引退してしまうのは
感慨深いです。

京成電鉄

3100形J-TREC出場

京成電鉄の新型車両「3100形」が
24日から26日にかけて
J-TREC横浜事業所を出場しました。


24日は上野方3両(6-8号車)が出場し
「ターボ君」こと3600形3668Fが
牽引し夜分に宗吾参道まで
回送されました。


25日は中間車3両(3-5号車)が出場し
貫通路で監視員が立つ格好となりました。


26日に残り2両(1・2号車)が回送され
これで3152Fの回送が完了します。

また詳しいことは
追ってお話しします。

相模鉄道

12000系品川へ入線


25日から26日未明にかけて
相鉄12000系が初めてJR線に乗り入れ
品川まで姿を見せました。

甲種輸送以外で
相鉄の車両が初めて神奈川県を
飛び出した瞬間でした。


この光景はJR直通が
現実味を帯びる瞬間で
待ち遠しい限りです。

おわりに

西武ではNRAの退役が始まった一方
京成では新型車両の出場・
相鉄12000系の品川入線など
かなり目白押しでした。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林