2021.4.19 鉄道の動き:ロマンスカーミュージアムオープンetc

こんにちは。
小林です。

小田急線海老名駅前にて
ロマンスカーミュージアムが
グランドオープンしました。

今回はその話題を
ネット情報と
筆者の過去写真を交えて
取り上げていきます。



はじめに

「ファン必見」ロマンスカーミュージアム、出発進行…「中川家」礼二さんら出席

小田急電鉄の往年の特急ロマンスカー5種10両が並ぶ「ロマンスカーミュージアム」が19日、神奈川県海老名市の小田急線海老名駅の隣接地に開館した。

この日の「出発式」には、鉄道好きとして知られる漫才コンビ「中川家」の礼二さんら関係者約100人が出席。

@読売新聞オンライン

小田急電鉄初の鉄道展示施設
「ロマンスカーミュージアム」が
小田急海老名駅西口に
グランドオープンしました。

また、出発式には漫才コンビ
「中川家」の中川家礼二さんをはじめ
鉄道好きの著名人数名が招待されました。

ロマンスカーミュージアム展示車両

ほぼ筆者の過去写真にて

3000形(SE)

小田急3000形SSE
初代ロマンスカーを務めた車両で
その派生形のSSE車は
国鉄(JR)御殿場線乗り入れの
「あさぎり」として活躍しました。

3100形(NSE)


2代目ロマンスカー
初の前面展望席採用で
ロマンスカー=パノラマの
イメージを定着させました。

7000形(LSE)


3代目ロマンスカー
2018年まで活躍していた車両で
今回展示される中では
我々の記憶に新しいです。

10000形(HiSE)

写真ACから

ハイデッカー構造による
眺望向上が売りでした。

現在は一部の車両が
長野電鉄の特急
「ゆけむり」として運用中。

20000形(RSE)


2代目「あさぎり」として
活躍していましたが

現在は1編成が富士急行線
2代目「フジサン特急」として
富士山により近い場所を
走っています。

モハ10形(小田原急行鉄道1形電車)


小田急電鉄(小田原急行鉄道)
創業時の車両で

このモハ10形は
熊本電気鉄道から里帰りし
創業当時の姿に復元されたうえ
車庫に保管されていましたが

晴れてロマンスカーミュージアムの
展示車両として安住の地を
得られました。

詳細はこちら
ウィキペディア:小田原急行鉄道1形電車

おわりに

いかがでしたでしょうか?

華々しくオープンした
ロマンスカーミュージアム

歴代のロマンスカーが
一堂に展示され

あたかもタイムスリップ
させられるような世界に
引き込まれていくでしょう。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林