2021.6.17 鉄道の動き:相模線・日光線他にE131系導入へ

こんにちは。
小林です。

6/17の鉄道の話題を
ネット情報を通じて
取り上げていきます。

スポンサードリンク





6/17の主な鉄道の話題-E131系導入関連

JR東日本から相模線,日光線・宇都宮線にも
E131系導入が発表され
今回はその話題に触れます。

相模線編

JR東日本横浜支社プレスリリースから

相模線への新型車両の投入について

遂に相模線にも新型車両
「E131系」が登場することになり
すでに車両が製造中のようで
今回の発表は唐突でした。

最終的に4両x12編成
(既存の4両x13編成 52両より1本少ない)
計48両が製造され
今秋にも営業運転を開始する予定で

同系投入後も
横浜線 橋本-八王子間の
直通運転は継続の模様です。


現在運用中の205系500番台
2021年春で同線電化並びに
運用継続30周年を迎え

プラマイゼロでの
同じ陣容で活躍してきましたが
ついに世代交代の波が
押し寄せてきました。

日光線・宇都宮線編

JR東日本大宮支社プレスリリースから

宇都宮線・日光線に新型車両を投入します

そして日光・宇都宮線も
同系が導入される模様で

既存の205系4両編成より
1両少ない3両編成x15本の
計45両が製造され
来春(2022年)に運用開始予定です。


宇都宮線・日光線で運用している
205系600番台

大部分は京葉線から転用された
メルヘンこと丸顔編成が存在し
新型車両導入されれば
その顔も日本では見納めになる模様です。

E131系両線投入後

首都圏近郊のJR線はほぼEの付く形式が運用する

相模線,日光線・宇都宮線に
E131系投入された暁には

首都圏の主要路線は
一部を除きほとんどの線区で
頭文字にEの付く形式の運用率が
約8-9割を占める模様です。

東日本の205系も少数派に

両線にE131系に置き換え完了後は
東日本管内の205系の
残存率が一気に低下し

今回発表された線区を除けば
南武支線・鶴見線・仙石線のみとなり
いよいよ風前の灯火です。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

今回は車両製造途中の発表で
突発的でしたが

30年以上勤めあげた
相模線205系500番台や
京葉線・埼京線から第二の職場を
務めた205系600番台も

遂に置き換えがなされる模様で
時代の移り変わりの速さを
改めて実感させられます。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林