2020.10.21 鉄道レポート:武蔵野線205系運用終了・ジャカルタへetc

こんにちは。
小林です。

20日までの主な鉄道の動きを
ネット情報を通じて取り上げます。

スポンサードリンク





21日までの主な鉄道の模様

武蔵野線205系全編成運用終了(19日)


武蔵野線205系で最後の1本の
ケヨM20編成が19日朝を以て
運用を離脱しました。

メルヘンこと丸顔編成から
数えて29年弱もの
武蔵野線205系の歴史に
幕を下ろします。

武蔵野線205系ケヨM20編成最終配給


21日には武蔵野線で最後まで活躍した
205系ケヨM20編成が
蘇我まで配給されました。

ラスト配給ということで
ジャカルタ行きの方向幕に
花束が添えられています。


駅案内表示の
「ありがとう205系M〇〇編成」
の文字をも見納めとなり
今回はとても感慨深いものです。

そして新習志野駅構内には
今までのジャカルタ行きの方向幕と
205系の形見である編成札諸々が
展示されました。


そして船積み準備のため
千葉貨物駅からの陸送

武蔵野線205系が名実ともに
29年(当編成は16年)の歴史に
幕を下ろした瞬間でもありました。

あとは赴任先のジャカルタで
かつての同僚と再会し
全編成が出揃うでしょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

29年間武蔵野線を支えてきた
205系最終編成も遂に日本を去り
ジャカルタで第二の仕事を歩みます。

ありがとう。
そしてお疲れ様。
ジャカルタでも頑張ってください!

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林