2020.3.18までの 航空の動き:聖火特別輸送機お披露目,ANAスーパードルフィン退役始まるetc

こんにちは。
小林です。

18日までの航空の話題を
ネット情報を中心に
まとめていきます。

スポンサードリンク





18日までの航空の話題

聖火特別輸送機が仕立てられる


成田空港で整備を受けていた
B787-8 JA837Jが15日に
聖火輸送機仕様となって
お披露目されました。

そして17日に羽田空港へ
向かいました。

運航はJALとANAとの共同です。


そして12:51頃
アテネに向けて羽田を出発しました。
便名も「JL1964」と前回の
東京オリンピックにあやかっています。

やはりコロナウィルスの影響で
出発式も行われず関係者の搭乗も少なく
地味に出発しましたが周囲は
一目見ようとギャラリーが詰めかけました。

なお聖火を乗せた飛行機は
20日に松島基地へ到着します。

ANAスーパードルフィン退役始まる


ANAで3機が運用されている
B737-500「スーパードルフィン」で
うち1機のJA305Kが15日の
伊丹-福岡便をもって退役しました。

エンジンカウルに描かれた
ドルフィンの絵柄が特徴的ですが
最後なのでドルフィンが花束を
抱えています。

その後同機は16日に羽田に
回航されています。

おわりに

今回だけしか見られない
聖火輸送専用機の出発は
関係者は地味でも
周囲はお祭りでした。

かねてから注目される
ANAスーパードルフィンも
JA305Kの退役で少し寂しく
なっていく次第です。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林