成田空港が20日で開港40周年を迎える:新入社員によるタオル配り・成田山新勝寺による安全祈祷会の開催

こんにちは。
小林です。

1978年に開港した成田空港が
20日で40周年を迎えました。

今回はその模様をネットと今までの写真と共に取り上げます。

スポンサードリンク




新入社員がタオル配り

成田空港、開港40周年 新入社員が記念品配付
@aviationwire

成田空港は5月20日、開港40周年を迎えた。当日は同空港を運営する成田国際空港会社(NAA)の新入社員らが、利用客に記念品を配付した。

開港40周年を記念した今治ハンカチ1万2000枚を用意。第1から第3まで、各ターミナルの出発ロビーで、2018年度入社の新入社員21人らが手渡した。
(以下略)

20日に開港40周年を迎えた成田空港では、第1-第3ターミナルで新入社員による今治タオルハンカチ配りが行われていました。

成田山新勝寺による安全祈祷会

成田山新勝寺が航空安全祈祷 成田空港開港40周年
@ジョルダンニュース

成田国際空港会社(NAA)は18日、同空港が20日に開港40周年を迎えるのを前に成田山新勝寺による安全祈祷会をターミナル内で開催した。

第1ターミナルの出発ロビーで開いた祈祷会にはNAAの夏目誠社長や航空会社の関係者らが出席。新勝寺貫首の橋本照稔大僧正が航空安全の祈祷をし、機長や客室乗務員、整備士らに護摩札を授与した。

成田山新勝寺のお膝元でもあって新勝寺貫主・NAA社長・航空会社の関係者を招待し第1ターミナル内で安全祈祷会が開催され、
新勝寺貫首による空の安全の祈祷とNAA社長や航空関係者に護摩札が渡されました。

ちなみに成田山は今年(2018年)で開基1080年を迎え、4/28-5/28にかけて記念大開帳が開催されています。

筆者の写真

当日は不参加でしたが直近(4/29)に撮影した写真をいくつか。

バニラ・エア

DSLR-A900 ISO200 1/500 F9

A320-214 JA15VA
この日はゴールデンウィークが始まったばかりとあって臨時便が多く手配され
この航空会社の機材が頻繁に見受けられました。

NCA 日本貨物航空

DSLR-A900 ISO200 1/500 F13

B747-8KZF JA17KZ
40年目の成田において、貨物機のみですが日本の航空会社唯一のジャンボです。

FedEx

DSLR-A900 ISO200 1/500 F10

MD-11 N615FE
今や希少価値となりつつある貴重な3発機
二昔前はこの独特の形態は旅客機の代名詞的な存在でした。

JAL 日本航空

DSLR-A900 ISO200 1/500 F9

JALのB787がタキシーウェイで団子状態になり、
ゴールデンウィークの帰省ラッシュの忙しさを実感できます。

おわりに

開港40周年を迎えた成田空港
次の40年に向けてますますの発展と
より安全な運航を祈る次第です。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林