東京メトロ丸ノ内線に新型車両2000系電車を導入へ:2019年2月に営業運転開始予定

こんにちは。
小林です。

東京メトロ丸ノ内線に約30年ぶりの新型車両
「2000系」を導入するとの発表がありました。

速報ベースですが今回はそれらを取り上げていきます。

スポンサードリンク




はじめに

東京メトロプレスリリースから
丸ノ内線新型車両2000系を導入します-2019年2月から営業運転開始予定
※当ページの画像はこちらから引用しました。

東京メトロ(本社:東京都台東区 社長:山村 明義)は、約30年にわたり活躍している丸ノ内線02系に代わる新型車両2000系を導入します。2019年2月から運行を開始し、2022年度までに53編成318両を導入する予定です。
本車両は、銀座線1000系で培った技術を更に発展させた最新技術を採用するとともに、様々な部門から集まった社員が丸ノ内線の特徴から導き出したキーワード「地上」、「活気」、「先進的」に基づき、世界有数の大都市“TOKYO”に活力を与えるインパクトのある形状や四季に映える鮮やかなグローイング・スカーレット(Glowing Scarlet)を車体カラーに取り入れるなど斬新なデザインとしました。
-以下略-

車両のシステム

CBTC(無線式列車制御システム)の採用

従来のATC(自動列車制御装置)に変わる無線方式による列車制御で、列車の閉塞区間の短縮と線路容量の拡大を図るもので
2022年の実用化に向け試験導入されます。

デザイン

●外観 「グローイング・スカーレット(Glowing Scarlet)」の車体と丸ノ内線の代名詞である「サインウェーブ」を織り込んだ車体デザイン。
●内観 開放的な車内空間を演出する球面形状の天井パネルを採用。また、車端部の窓には東京メトロ初となる丸窓を採用。


天井がアーチ形で奥行き感があり、座席側のつり革はしずく形で丸の内線の「サインウェーブ」を意識したようです。

車端部の窓を丸型にする東京の地下鉄では奇抜なデザインで丸の内の「丸」にこだわったものと思われます。

車内設備

各車両にフリースペース・テーブルとコンセントを設置

車いすやベビーカーでの利用がしやすいほか、
ロングシート固定式通勤電車において初めてテーブル・コンセント(1両に2口)が設置され、
荻窪・方南町―池袋と「コ」の字に長い丸の内線において長時間乗車をする間にモバイル端末の充電に便利です。

おわりに

30年ぶりに導入される新型車両「2000系」は
先々代の500形のイメージを大幅に取り入れた懐かしいデザインと
最新技術が融合した新たな赤電車として新風を吹き込むことでしょう。

500形電車

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林