CP+2019レポート その8:キヤノン・パナソニックetc-フルサイズミラーレスが相次いでリリースされる

こんにちは。
小林です。

CP+2019レポート8回目は
キヤノン・パナソニックブースを
取り上げます。

キヤノン Canon


キヤノンのラインナップ
EFレンズも豊富で後述のEOS Rに
マウントアダプターを介して使用するのも
面白いでしょう。

EOS R

EOS R ※写真は他ブースから

Rakutenでチェック

Amazonでチェック
今回話題を集めたのが3社目のフルサイズミラーレス
EOS Rで体験コーナーには長者の列ができ
待ち時間が30分前後の大盛況でした。

EOS RP 14日発売

EOS RP

Rakutenでチェック ブラック

Rakutenでチェック ゴールド マウントアダプターSPキット

Amazonでチェック
EOS Rシリーズ2モデル目は
廉価版で2620万画素の小型軽量タイプで
ブラック・ゴールドの2色で
ラインナップされます。

パナソニック Panasonic

LUMIX S1R/S1

詳細はこちら-デジカメWatchから
【CP+2019】LUMIX S1R/S1に注目集まるパナソニックブース
4社目のフルサイズミラーレス「LUMIX S1R/S1」が発表され
23日に発売されるとのこと。

一目見ようと体験コーナーには長者の列ができ
30分前後待ちでかなりの人気や関心を集めていました。

マウントにはLマウントが採用されるほか
Lマウントアライアンスが結成され
シグマ・パナソニック・ライカの3社が参入し
レンズの交換性が図られるとのことです。

詳細はこちら:engadgetから
「Lマウントアライアンス」でライカ、パナソニック、シグマが協業。 Lumix S1Rなど開発発表

パナソニックは今後もマイクロフォーサーズを
続けていく方針です。

おわりに

フルサイズミラーレスはどんどん展開され
3社目のキヤノン,4社目のパナソニックと
更にしのぎを削って行くでしょう。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林