CP+2019レポート その7:フジフィルム・オリンパスetc

こんにちは。
小林です。

CP+2019レポート7回目は
フジフィルム・オリンパスブースを
取り上げていきます。

フジフィルム fujifilm

中判ミラーレス GFX100

1億画素を誇る中判ミラーレス
GFX100の実機がセンサー丸出しで
公開されていました。

いよいよ1億画素の時代が
迫ってきたと実感させられます。

APS-Cミラーレス Xシリーズ


XシリーズとXPシリーズのショーケース

X-T30 ISO1000 1/125 F5

ブース内展示のX-T30をお借りしての撮影
モデルさんも同型機を持っておりました。

この小型ボディーで2610万画素の高画質が
リーズナブルに味わえコストパフォーマンスに
優れています。

Rakutenでチェック 3/20発売 予約受付中

Amazonでチェック 3/20発売 予約受付中・単焦点レンズXF16mmF2.8セット

オリンパス olympus

OM-D E-M1X

Rakutenでチェック

Amazonでチェック

E-M1X ISO3200 1/500 F4.5

E-M1X ISO2000 1/500 F4

ブース内の機材を拝借して撮影。
パフォーマーの激しい動きで
一度ピントを外してもすぐに修正され
フォーカスの追従性が高かったでした。


フォルダー内の写真を
スクリーンショットしたものですが
連写の速さとAFの食い付きの良さが
同時に実感できました。

通常撮影では15コマ/秒
静音撮影では60コマ/秒と
桁違いに早くシャッターチャンスに強いです。

マイクロフォーサーズにおいて
高速連写性能・AF追従性能が
ずば抜けて高くかつ堅くて丈夫な作りで
厳しい条件での撮影に耐えられる設計でしょう。

おわりに

フジフィルムでは中判ミラーレスが
1億画素を超えここまで来たと感じ
APS-Cも2610画素に到達し壁を破られて
来たと思いました。

またオリンパスではE-M1Xという
プロ向けのモデルが登場しハイスペックを引っ提げ
また一つ小さな巨人が誕生したと実感しました。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林