2019.3.7-8 鉄道の動き:E257系2000番台NN出場・「8時ちょうどのあずさ2号」再度消滅etc

こんにちは。
小林です。

7・8日は中央線界隈は忙しかったです。
今回はこの日の鉄道の動きを
筆者の取材とネット情報を兼ねて
取り上げます。

スポンサードリンク




7日

E257系2000番台NN出場配給

ILCE-7M3 ISO800 640 F4 +0.3EV

踊り子号向けのE257系が2000番台になって
長野総合車両センター(NN)から出場し
EF64 1032の牽引により大宮へ向かいました。

しかしながら工期が長引き未完成で
仕上げは大宮総合車両センター(OM)へ
入場させ残りの改造を引き受けることになりました。

ILCE-7M3 ISO800 640 F4 +0.3EV

敢えて後追いで撮影。
先頭車をしっかり確認できた他
編成番号はNA-09となっていました。

塗装がまだ中途半端なため
この姿で本線上に姿を見せるのはレアです。

8時ちょうどの「あずさ2号」ダイヤ改正で消滅

乗り物ニュースから
「8時ちょうどのあずさ2号」再び消滅へ JR中央本線ダイヤ改正で「通過」に
2人組デュオ「狩人」の1977年の大ヒット曲「あずさ2号」
で知られる「8時ちょうどのあずさ2号」が
16日のダイヤ改正で(再度)消滅します。

とは言うものの
平日に松本6:08発の「あずさ2号」が途中駅の大月駅を
8:00に発車するもので名目的にも
「8時ちょうどのあずさ2号」が成立していました。

しかし次回の改正からあずさ2号は
大月駅を通過することになり名実ともに消滅します。

大月駅の通過時刻も「8時ちょうど」なら
名目として残るかな?とは一部の人は思います。

8日

E231系ミツB7編成青森入場配給


E231系ミツB7編成が青森改造センターへ入場のため
EF64 1032牽引(途中の高崎まで)で配給されました。

これで中央総武緩行線6M化での残留編成および
八高・川越線への転用改造への供出のための配給は
当編成を以って終了し今後の三鷹車セからのねん出編成は
武蔵野線への転用のみです。

おわりに

遂に東海道線特急「踊り子」向けに改造された
E257系2000番台がとりあえず出場したほか
その一方で名目上の「8時ちょうどのあずさ2号」も
実質消滅するなど中央線界隈が何かと熱かったでした。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林