シグマ(SIGMA) 14mm F1.8 DG HSM | Art:ソニーEマウント用7/20日発売

こんにちは。
小林です。

今回は7/20に発売予定のSIGMA Artシリーズ
14mm F1.8 DG HSM ソニーEマウント用を紹介します。

画像の引用元はこちら

【納得の3年保証付き】[シグマ]14mm F1.8 DG HSM Art ソニー Eマウント用(2018年7月20日発売予定)

価格:170,100円
(2018/7/6 17:18時点)
感想(0件)

主な特徴

異次元の視覚体験を可能にする真のハイスピードレンズ

超広角レンズを用いての星景・夜景撮影、広い画角とパースペクティブを活かした
表情を変える波打ち際においての撮影など、
被写体の一瞬を捉えるシーンで比較的低いISO感度で速いシャッタースピードで
撮影できる大口径レンズです。

35mmフルサイズでの14mmもの超広角レンズの中で
開放値F1.8の明るさを実現した当レンズは
まさにユーザーへの「超広角ハイスピードレンズ」の
ニーズに応えた1本となるでしょう。

14mm F1.8というレンズはシャッタースピードの速さの確保のみならず
蛍の群れの撮影においてボケと光跡を
操作したいシーンで大きなメリットを発揮します。

色収差を良好に補正

FLDガラス3枚・SLDガラス4枚を組み込み
超広角レンズ目立ちやすい倍率色収差を極限まで補正。
画面の中心から周辺に至るまで高画質を確保しました。

大口径非球面レンズ採用

SIGMA 12-24mm F4 DG HSM | Art で採用した非球面レンズ加工の知恵を活かし
精度の高いφ80mmの大口径グラスモールド非球面レンズを一番前に配置。

これによって14mm F1.8という今だかつてなかったスペックの製品化を実現しました。

筆者の私見

14mmでF1.8の明るさが確保され高速シャッターや暗所に強い

天体写真など光量の少ない撮影条件において低いISO感度設定が
開放値F1.8もの明るさによって可能になりました。

ISO感度を低くすればノイズやザラツキを少なくでき、
また大口径グラスモールド非球面レンズ・FLD3枚・SLD4枚の
計7枚もの特殊低分散ガラス使用でより高画質な星景写真ができます。

おわりに

蛍や星景写真など光量の少ない撮影条件で
開放値F1.8もの明るさと特殊低分散ガラスの多用により
よりクオリティの高い撮影ができるでしょう。

【納得の3年保証付き】[シグマ]14mm F1.8 DG HSM Art ソニー Eマウント用(2018年7月20日発売予定)

価格:170,100円
(2018/7/6 17:18時点)
感想(0件)

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林