2017年を振り返って-9月飛行機編

こんにちは。
小林です。

今回は9月の飛行機の出来事について
お話ししていきます。

尚、特記以外は横田基地で写真は独断と偏見で選びました。

スポンサードリンク




はじめに

9月といえば中旬に横田基地友好祭・八王子緑化フェアと集中し、
この時に限り台風が近づき悪天候に見舞われました。

それ以外は晴れの日が何日かあったため結果オーライでした。

3日:秋空とRQ-4グローバルホーク


初秋の空バックのRQ-4グローバルホーク
9月上旬でありながら秋めいていました。

10日:厚木基地


NF F/A-18 メイス200番
この塗装をまとった機体はなかなか撮影できないでいたのですが
この日にしてようやく撮影できました。

10日の厚木基地の詳細はアメブロでまとめてあります。
厚木基地 9/10

15日:横田基地祭前日のフライイン・八王子方面のブルーインパルス

横田基地友好祭2017の展示のために飛来する飛行機ですが
台風接近と北朝鮮のミサイル発射を受けて多くの飛行機の飛来が取りやめになり
例年の半数以下の飛来となりました。

友好祭展示用の飛来機


P-8ポセイドン


航空自衛隊小牧基地KC-767


ハワイ州パールハーバー・ヒッカム統合基地C-17
飛来数が極端に少ない中、友好祭の常連のヒッカムC-17が今回も参加しました。

八王子方面のブルーインパルス(訓練)


八王子100周年イベントに向けたブルーインパルスの訓練
おこぼれを横田でキャッチしました。

16日:八王子緑化フェア オープニングセレモニーにおけるブルーインパルス飛行

筆者は横田基地に行く前に八王子緑化フェアのオープニングセレモニー会場の富士森公園を訪れました。
目的はもちろん、ブルーインパルスでした。


八王子市上空を通過するブルーインパルス
通過した瞬間歓声が上がり、いかにブルーインパルスが人気なのかを実感させられます。

16-17日:横田基地友好祭2017

結果的に展示機が少なくごく平凡な友好祭となりましたが
その分基地内イベントや基地内に居合わせた飛行機で穴埋めされバックアップができました。


足りない分の穴を埋めたのが
横田基地所属のC-130Hx3
C-130Hが横田を去る前にして3機も並べるのは神対応でした。


今回からC-130J-30によるパラシュート投下が行われました。


RQ-4グローバルホーク地上展示
展示機が少ない中でのグローバルホーク
この1機の展示がひときわ大きかったです。

18日:友好祭明けの展示機の帰投・ユナイテッド航空B737・CH-53E・ナショナル航空B747

17日の悪天候とは打って変わり、台風一過の青空に映える飛行機の撮影ができました。

友好祭展示機の帰投


ヒッカムC-17


ボナンザ JA3447
翼左側にくまモンが描かれています。


KC-767
離陸が高かったです。

ユナイテッド航空B737


ユナイテッド航空 B737 N77295
横田基地へのユナイテッド航空はごくまれです。

CH-53Eスーパースタリオン


バックの雲とのショットが決まりました。

そして目の前を捻り、豪快な重低音を響かせながら真下を通過しました。

ナショナル航空B747


ナショナル航空B747-400 N919CA
青空と銀色に輝く機体とのマッチが格別です。

30日:厚木基地


F/A-18 VMFA-251 Thunder bolts
総数4機が飛来しており、
筆者はこのF/A-18を見に行くために展開しました。

おわりに

台風とミサイルの影響で横田基地友好祭の飛来が極端に少なかったのが非常に残念だったのですが
その後は何らかの形で足りない分を挽回しました。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林