2017年を振り返って-7・8月飛行機編

こんにちは。
小林です。

今回は2017年総集編として
7月・8月の出来事についてお話しします。

特記以外は横田基地ですが、
全体的に活動が少なかったので7月と8月をまとめました。

スポンサードリンク




はじめに

7月は梅雨らしからぬ晴れの日が続いた半面
8月はまさかの長雨で下旬まで飛行機活動がさっぱりでした。

7月7日:C-5Mゴーアラウンド


C-5M スーパーギャラクシー 87-0032が意外な経路で進入したためゴーアラウンドして着陸しました。

横田ではめったに見られないC-5Mスーパーギャラクシーの捻りも見れました。

7月20日:ミシシッピC-17


ミシシッピ州空軍C-17 03-3114
ここ数年は時たま飛来するようになり目撃する機会が増えてきました。

7月28日:トラヴィスC-17ノーズアート入り


トラヴィス基地所属C-17 06-6158

機首にノーズアートが描かれていました。

7月29日:MV-22オスプレイ3機飛来


オスプレイは計3機飛来し給油を済ませ、鉛色の空の中離陸しました。

8月13日:C-17・C-32・グローバルホーク


C-17マクガイヤ(04-4134)とヒッカム(05-5146)が立て続けに離陸し、途中すれ違うシーンが見られました。


一雨あった後の?C-32 98-0002の離陸シーンです。


RQ-4グローバルホークが後ろを向いたシーン
排気ダクトの開口部がパックリです。

8月22日:NF SH-60R・F/A-18・カリッタB747白塗装


SH-60R NF703番

F/A-18 NF401番
この日NF所属機が立て続けに飛来し、まるで岩国移転を告げるようでした。


カリッタ航空B747白塗装 N701CK
近い場所から広角レンズで撮影してみましたらこれまた圧巻でした。

8月25日:F-16・C-40


アフターバーナーが鮮やかなF-16
前日に三沢基地から6機飛来していましたがそのうちの3機の離陸シーンを見ることができました。


C-40のタキシングとC-37

8月26日:羽田空港-B787鯖塗装


ANA B787鯖塗装 JA802A 筆者が見たのはこの日が最後になりました。


羽田空港第2ターミナル展望デッキから見た貨物船のすれ違い

8月28日:C-32B白塗装・ATI B757


C-32B白塗装 00-9001
この飛行機はB757がベースで、主に要人輸送で活躍中です。


参考ですがその前に上がった定期便のATI B757 (N752CX)

すなわち同じ日に2種類のB757を見れました。

8月29日グローバルホーク・CH-53スーパースタリオン


RQ-4グローバルホーク 白昼の離陸
明るいうちにグローバルホークの離陸を見たのは初めてでした。


強襲型大型輸送ヘリCH-53スーパースタリオン4機飛来飛来しました。
エンジンがパワフルで4機同時に独特の重低音を響かせ迫力満点でした。

おわりに

7月は晴れの日が多くそこそこ活動できましたが
8月は長雨の関係で活動が疎かでした。
しかし下旬になって長雨から解放され活動が集中しました。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林