CP+2019レポート その2:ソニーブース(1)-注目の新商品α6400・GマスターFE135mm F1.8 GM

こんにちは。
小林です。

CP+2019レポート 2回目は
今回の出展最大規模かつ
筆者のユーザーでもあるソニーブースで
気になったものをいくつかレポートします。

※筆者の独断と偏見での
かいつまんでの取材のため
足りない分はネットの情報も交えます。

ソニーブースの主な注目商品

α6400


@bouncy / バウンシー
やはり何と言ってもAF精度がずば抜けて良く
高速0.02秒での合焦・一瞬迷っても
すぐに修正したり速い被写体でも
ずっと追い続けるなど百発百中でした。

つまり飛行機やダンス・スポーツ・
動物・野鳥などの動きの速い被写体に
絶大な高速AFの特性が十分に生きることでしょう。

《新品》 SONY (ソニー) α6400 高倍率ズームレンズキット ILCE-6400M ブラック【¥20,000-キャッシュバック対象】[ ミラーレス一眼カメラ | デジタル一眼カメラ | デジタルカメラ ]【KK9N0D18P】

価格:161,870円
(2019/3/4 17:02時点)
感想(0件)

ソニー SONY ミラーレス一眼 α6400 パワーズームレンズキット E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS ブラック ILCE-6400L B

新品価格
¥116,000から
(2019/3/4 17:04時点)

FE 135mm F1.8 GM (SEL135F18GM)

4/19発売予定


@883 Enif(ぱぱさん えにふ)

先日発表されたばかりのGマスター9本目で
何と言っても他社製の135mm F1.8 or F2の
光学性能を凌駕したレンズとも言われ
ボケ味に人一倍追求したこだわりの1本です。

ILCE-7RM3 SEL135F18GM ISO320 1/2000 F1.8 -1.3EV

展示品で試し撮りをさせてもらいました。
花のモックアップがあり
絞り開放で撮影
合焦の有無の境界線がはっきりしました。

ILCE-7RM3 SEL135F18GM ISO320 1/1600 F1.8 -1.3EV

手前にフォーカスエリアを合わせた状態

つまりフォーカスエリアを近くに合わせるか
遠くに合わせるかで変わってきますが
それは各自のお好み次第です。

おわりに

今回もソニー製品は人一倍力が入っており
瞳AFやAF追従性を強化したα6400や
高画質とボケ味にこだわった FE 135mm F1.8 GM
が大いに注目されていました。

次に続きます。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林