CP+2019レポート その3:シグマブース-画質を追求したArtシリーズが勢ぞろい

こんにちは。
小林です。

3回目はシグマブースの概要と展示品の
筆者が気になったものを
いくつかレポートします。

はじめに

ブース内にて


出展者の人とArtシリーズについて
お話ししたり質問したりと
いつになく会話が弾みました。

CP+2019 SIGMAブースステージ「シグマのレンズ設計思想とミラーレス対応について(山木 和人)」

シグマ株式会社 代表取締役社長 山木和人氏による
プレゼンテーションが行われました。


@iPod Style
シグマの光学設計にとことんこだわった
レンズ制作に対する熱い思いと
多少ユーモアを交えながらの軽快なトークに
観客の関心を集めました。

シグマブースの展示品

レンズ試し撮り体験コーナー

ブース内にてArtシリーズを何本か
試してみました。

※一応筆者お手持ちのILCE-7M3に
装着するだけでしたが。

Sony SOV34 (4.23mm, f/2, 1/32 sec, ISO200)

SIGMA 105mm F1.4 DG HSM | Art(ボケマスター)

改めて現物を見るとバカデカいです!!
徹底的にボケ味を追求したのと
口径食の改善を図った結果
大きさより画質を優先させたのでしょう。

シグマ 105mm F1.4 DG HSM Art ソニーEマウント用

価格:171,327円
(2019/3/6 16:35時点)
感想(0件)

シグマ Art 105mm F1.4 DG HSM(ブラック)※ソニーマウント 105MMF1.4DG_ART_SE

新品価格
¥169,500から
(2019/3/6 16:39時点)

SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art

Sony SOV34 (4.23mm, f/2, 1/32 sec, ISO160)

50mm F1.4=薄くて軽く簡単な作りという考えは
高画素化化が進むご時世には通用しなくなりつつあり
収差の徹底改善やボケ味を追求した結果
大きく長く重量感ある作りになりました。

1本が800gちょっとで重いですが
それなりの高性能・高画質を誇る
証しとも言えます。

50MMF1.4 DG HSM A SE シグマ SIGMA 50mm F1.4 DG HSM Art※ソニーEマウント

価格:98,658円
(2019/3/6 16:37時点)
感想(0件)

シグマ SIGMA 50mm F1.4 DG HSM Art※ソニーEマウント 50MMF1.4 DG HSM A SE

新品価格
¥98,172から
(2019/3/6 16:37時点)

ショーケースの展示品

SONY ILCE-7M3 (39mm, f/18, 1/160 sec, ISO3200)

60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM SPORTS
10倍ズームにもかかわらず
望遠側での画質劣化を抑えた設計で
また一つ進化した1本が誕生しました。

関連記事
シグマ (SIGMA) 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM Sports(キヤノン用)

《新品》SIGMA (シグマ) S 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM(キヤノン用)[ Lens | 交換レンズ ]【KK9N0D18P】

価格:179,200円
(2019/3/6 17:17時点)
感想(0件)

※アマゾンはニコン用のものでリンク添付しています。

シグマ 60-600mmF4.5-6.3DG OS HSM Sports NA 60-600mmF4.5-6.3DG OS NA

新品価格
¥179,200から
(2019/3/6 17:18時点)

おわりに

今回のシグマブースではArtシリーズなど
徹底的な画質へのこだわりが熱く
レンズ設計のスキルの高さを
改めて実感させられました。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林