配給車クル144・クモル145形 完全引退etc

こんにちは。
小林です。

配給車 クル144・クモル145形の
今年度中の引退が決まりました。

今回はその話題を
筆者の過去写真と
ネット情報を交えながら
取り上げていきます。

スポンサードリンク





7-13-15の主な鉄道の話題

配給車 クル144・クモル145形 今年度中に退役へ

クル・クモル145形
JR東日本には2008年まで在籍していた

表題や先述のように
配給車 クル144・クモル145形の
完全引退が決定し

最後の所有者はJR西日本
吹田総合車両所京都支所(近キト)で
クル144-15+クモル145-1015の
1編成を残すのみで

引退を前に京都鉄道博物館にて
8/6-18まで最後の展示が行われる予定です。

詳細はこちら
JR西日本の「配給電車」クモル145形・クル144形引退決まる 京都鉄道博物館で最後の展示
@乗り物ニュース

クル144・クモル145形は
名目上は101系からの改造車ですが

車体はほぼ載せ替えられ17mに短縮し
足回りなど部品流用がほとんどでした。

一部とはいえ
国鉄101系の数少ない生き残りの
一員ともいえましょう。

また配給車の符号である
クモル・クルの末尾「ル」は
配るの「る」からきています。


前面デザイン

103系高運転台車にそっくりですが
前面窓が広いのと
窓下のステンレスの帯がないのが
大きな違いです。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

国鉄時代に登場した
トラックのような独特の車体が特徴的な
配給車 クモル145・クル144

鉄道部品のみならず一時期は
駅のエスカレーター輸送に一役買いましたが

今回退役が決まり最後の務めは
京都鉄道博物館の展示を残すのみで
あとは無事走り切っていただきたいです。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林