2020.1.18 鉄道の動き:E231系500番台山手線引退イベントが開催されるetc

こんにちは。
小林です。

18日に大崎駅構内で
山手線でのE231系500番台の
引退イベントが行われました。

今回はその話題を中心に
取り上げます。

スポンサードリンク





はじめに

山手線で2002年から運用している
E231系500番台のラストランが迫り
10日からさよならヘッドマークを
装着して運用しています。

また18日には
それを記念した引退イベントが
大崎で行われました。

筆者取材分

すべて2020.1.12撮影

さよならヘッドマーク

トウ506編成HM付き
最後の1本はトウ506編成で
前後でデザインの異なる
ヘッドマークが装着されました。

反対方向の後追い

車両部品展示

鉄道部品展示
巣鴨駅構内にてE231系500番台引退を記念し
「なつかしの鉄道部品」が展示され
歴代山手線車両のゆかりのものが
並んでいました。

特に多いのはE231系500番台関連で
デビュー当時のHMや編成札が
大量にありました。

そして2代前の205系「新製車両」HMや
3代前の103系「山手線」方向幕などが並び
同窓会のような博物館のような
そんな感じでした。

ネット情報から

大崎駅構内で引退イベント実施(18日)


大崎駅構内にてE231系
引退イベントが行われ
グッズを購入する人が
長蛇の列を作りました。

当初はトウ506編成をホームに停めて
展示会を行う噂がありましたが
実現せず駅コンコースでの
開催でした。


その代わりHM(レプリカ)の撮影会や
掲出予定の中吊り広告の
展示が行われました。

社員メッセージ入り車内広告


E231系500番台トウ506編成が
「山手線E231系に伝えたいこと」
のメッセージを掲げた中吊り広告を
設置し18日夕から再登板しました。

18年と短いようで長い
E231系500番台の山手線での活躍を
社員一同でねぎらっていました。

おわりに

2002年で鳴り物入りでデビューした
E231系500番台も残り1本となり
1月中にも山手線から
撤退しようとしています。

最後まで無事走りきることを
祈るばかりです。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林