2021.3.11 横田基地レポート:東日本大震災から10年…横田基地でも追悼行事が行われる

こんにちは。
小林です。

今から10年前の今日(2011.3.11)は
東北地方を津波が襲った
東日本大震災が起きた日で
この日で丸10年を迎えました。

被災された方々の
ご冥福とお見舞いを
この場を借りて申し上げます。

話は変わり
この日の横田の様子を
取り上げていきます。



はじめに

東北地方が大津波に見舞われ
TVの画面越しでも生々しく
この世の終わりの光景を
まざまざと見せつけられました。

ちなみに筆者はこの時
山梨に赴任したばかりでしたが
その職場内で遭遇・そして停電し
新たな恐怖を抱きました。

前置きが長くなりましたが
それでは本題に入ります。

10年目の3.11の様子

横田基地で11回の鐘が鳴らされ黙とうがささげられる


3月11日14:46分
基地内のジャイアントボイスによる
11回の鐘の音が流されるとともに
黙祷が捧げられ

それに合わせて
アメリカ陸軍のUC-35Aの
追悼航過飛行が行われました。

C-130J-30×12機飛行が行われる


この日もC-130J-30×12機の
大規模飛行が行われ
東富士演習場へ向かいました。

今回は物資の投下で
3.11の震災のような
救援にうってつけです。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

3.11以来
毎年この日がくる度に

もし災害に見舞われたら
私たちならどうするかを
色々考えさせられられます。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林