2020.9.15 小型フルサイズミラーレス ソニー α7C 発表される

こんにちは。
小林です。

15日よりソニー(株)から
新型フルサイズミラーレス
「ソニー α7C」が
発表されました。

ソニー デジタル一眼カメラ α7C
画像はすべて上記サイトから引用

今回は筆者の視点を交えながら
取り上げていきます。

SONYホームページ 「α7C」から

スポンサードリンク





はじめに


筆者は2年前の2018年秋より
ソニーα7IIIを使用していますが
今回の製品はその弟分であり
いくつかの改良がなされました。

またキットレンズ
FE 28-60mm F4-5.6も
同時に発売されます。
(詳細は後述)

予約は9/18,発売は10/23,
価格は単体が約21万円
レンズセットは
約24万円です。

主な特徴

フルサイズ史上最小サイズ


フルサイズ機でありながら
α6000シリーズと同等のボディと
509gの小型軽量化を実現しました。

バリアングル液晶モニターで自撮りがしやすい


ソニーのα7シリーズで初めて
横位置でのバリアングル
液晶モニターが採用されました。

動画撮影など自撮りの時に
便利になります。

小型軽量FE 28-60mm F4-5.6キットレンズ同時発売

それと同時に発売する
キットレンズFE 28-60mm F4-5.6は
小さいボディにマッチしやすい
サイズに仕立てられました。

この組み合わせで
気軽にフルサイズ写真が
楽しめます。

筆者の私見

この小ささでフルサイズ

α7シリーズのフルサイズ機で
上の出っ張りをなくした
箱型の形状で小型軽量を
実現させたのは極めて異例です。

更にFE 28-60mm F4-5.6を付ければ
街中でも撮影のフットワークが
軽くなり自由度が増すでしょう。

α7IIIと機能はほぼ同じ

表題のようにほぼ機能は一緒ですが
それより便利になったのが
バリアングル液晶・
リアルタイムトラッキング採用

つまり最近のモデルでは
動画撮影に力を入れていることが
うかがえます。

小型軽量ボディで
これだけ機能が詰まっていれば
十分です。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

α7Cの登場で
フルサイズミラーレス界に
小さな巨人という地位を
確立するでしょう。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林