2021.9.2 鉄道の話題:E217系TKへ・485系「ジパング」今秋引退etc

こんにちは。
小林です。

9/1-2までの鉄道の話題を
ネット情報を通じて
取り上げていきます。

9/2までの主な鉄道の話題

E217系クラY-47編成TKへ回送


E217系基本編成のクラY-47編成が
自走で東京総合車両センター(TK)に向かいました。

廃車回送で同形式のTK送りは2例目で
8/25の配給によりNNがキャパオーバーの関係で
今回もこのような措置が取られた模様です。

485系「ジパング」今秋に引退へ

「ありがとうジパング」旅行商品発売のお知らせ
@JR東日本グループニュース

485系ジョイフルトレイン「ジパング」が
9/26で定期運用を終了し,10/10の団臨を以て
引退することが発表されました。

10/10のラストランは「ありがとうジパング」として
盛岡-一ノ関間の1往復で運転される予定です。

「ジパング」退役により
純然たる485系(中間モハユニット)が消滅し

高崎車両センターの「華」と
「リゾートやまどり」の計12両を残すのみで
いよいよ形式「485系」も風前の灯火です。


尾久車両センター公開2014にて
車内見学ができた頃が懐かしいです。

209系3500番台ハエ53編成OM入場


209系3500番台ハエ53編成が
ワンマン化改造のため
大宮総合車両センター(OM)へ
入場回送されました。

今年(2021年)10月には一連の改造が
終了する予定でこの編成が
最後の対象車となる模様です。

対象の全編成がワンマン化改造終了後は
209系3100番台が退役予定ですが
詳細は別のお話です。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

485系「ジパング」の引退決定で
編成中のオリジナルに近い
MM’ユニットの消滅を意味し

また一つ国鉄形が消えるのが
どこか感慨深いところです。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林