2021.11.9 鉄道の動き:JR東海315系落成出場・EF64 1052,37 ATへ旅立つetc

こんにちは。
小林です。

11/9までの主な鉄道の話題を
ネット情報を通じて取り上げていきます。

11/9までの主な鉄道の話題

JR東海315系第一編成出場(6-7日)


JR東海の在来線電車において22年ぶりの新車
「315系」が6日夜遅くに日本車輌を出場し
公の場にピカピカな姿を披露しました。

動画にて


@ポッポ屋

豊橋駅入線シーン
真新しい新車を一目見ようと多くのギャラリーが集まり
時より歓声が上がりとても賑やかでした。

そして同編成は神領車両区へ向かい
同区へ配備されます。

EF64 1052,37 ATへ旅立つ…(8-9日)


8日夜遅くEF64 37と同1052の2両が
秋田総合車両センター(AT)へ旅立ちました。

よって50年以上活躍したザンナナこと37号機や
~ハチマキ(筆者的にはチョコハチマキ)
と呼ばれた1052号機が同時に消滅…

つまりラストワンのうちのEF64形0番台で
最後の1両だった37号機が
ここにピリオドが打たれた瞬間でした。

ありがとう!ザンナナとチョコハチマキ!
ゆっくり休んでください!

おわりに

いかがでしたでしょうか?

JR東海において機体のニューフェイス
315系の登場で同社でめったにない
在来線車両の歴史が動いた一方で

EF64 37・1052の退役は
JR東日本が進める事業用機関車全廃の足音が
どんどん大きくなってくることを
実感させられた次第でした。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林