タムロン 150-500mm F5-6.7 Di Ⅲ VC VXD-小型で気軽に撮影が楽しめる超望遠ズームレンズ

こんにちは。
小林です。

ソニーEマウント用
超望遠ズームレンズ

タムロン 150-500mm F5-6.7 Di Ⅲ VC VXD を
筆者の独断と偏見で
取り上げていきます。

《新品》 TAMRON (タムロン) 150-500mm F5-6.7 DiIII VC VXD A057S (ソニーE用/フルサイズ対応)[ Lens | 交換レンズ ]【KK9N0D18P】

価格:145,000円
(2021/6/14 22:37時点)
感想(0件)

はじめに

超望遠500mmを手軽に楽しむ高速・高精度AF、手ブレ補正機構搭載フルサイズミラーレス用ズーム

Model A057は、タムロンフルサイズミラーレス一眼カメラ用レンズとして初の500mmをカバーする超望遠ズームレンズです。

望遠側の焦点距離500mmを確保しながら、手持ち撮影を可能にする小型化を実現。三脚使用が常識だった超望遠500mmの世界を、高画質な描写性能はそのままに、手軽にお楽しみ頂けます。

静粛性・俊敏性に優れたリニアモーターフォーカス機構 VXD(Voice-coil eXtreme-torque Drive)、高い手ブレ補正効果をもつタムロン独自開発の手ブレ補正機構VC(Vibration Compensation)を搭載しており、超望遠域での手持ち撮影をサポートします。

また、広角側150mmでの最短撮影距離は0.6mと、迫力のあるクローズアップ撮影が可能です。

筆者の私見

小型化され持ち運びやすい

最近の筆者の被写体は
大部分が飛行機時々野鳥で

また移動手段が大半が自転車で
比較的長距離を走るため
このレンズなら持ち運びや
撮影の際の負担がグッと減り

超望遠での撮影が
気軽になりそうです。

半面望遠側の開放F値が若干暗め

小型化した半面望遠側の
開放F値が6.7と少々暗めですが

最近のαシリーズでは
高感度特性の強さがそれをカバーし
ISO感度をある程度上げても
ザラツキが抑えられる構造なので

よほどでない限り
そのような心配はいらないでしょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

航空機や野鳥撮影などで
望遠レンズを使う機会が
多い人にとって

タムロン 150-500mm F5-6.7 Di Ⅲ VC VXD は
コンパクトで持ち運びがしやすくなり
撮影の手軽さが増すでしょう。

《新品》 TAMRON (タムロン) 150-500mm F5-6.7 DiIII VC VXD A057S (ソニーE用/フルサイズ対応)[ Lens | 交換レンズ ]【KK9N0D18P】

価格:145,000円
(2021/6/14 22:37時点)
感想(0件)

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林