2019.1.9-10 航空の動き:安倍首相羽田空港から欧州へ出発,厚木基地にD-Back立ち寄り

こんにちは。
小林です。

9日は羽田空港を訪れ
政府専用機の出発を見送りました。

また厚木基地には
D-Back D/A-18が久々に飛来しました。

今回はその2つを中心に取り上げます。

スポンサードリンク




羽田空港(9日)

安倍首相欧州へ出発

ILCE-7M3 ISO200 1/640 F9

安倍修賞を乗せた政府専用機 B747-47C 20-1102 が
10:48頃 RW34Rより離陸しました。

ILCE-7M3 ISO200 1/640 F10 -0.3EV

随伴機は 20-1101 で25分後の11:13頃離陸しました。

現行のB747-400での活躍も3月末限りで
あとわずかとなりましたので撮影はお早めに。

その他のトラフィック

ILCE-7M3 ISO400 1/500 F9 -0.3EV

ルフトハンザ航空 B747-8
D-ABYO 15:48頃離陸
東京ゲートブリッジの組み合わせが決まりました。

かなりの遠距離で低く重い上がりなので
構図がとりやすいです。

番外編:夕暮れ

ILCE-7M3 ISO200 1/5000 F11

羽田で見た日の入り
日没は16:41頃でした。

ILCE-7M3 ISO1600 1/2500 F5.6

日没後の夕焼け

ILCE-7M3 ISO800 1/1250 F5.6

国際線ターミナルと富士山のシルエット
今の時期なら空気が澄んで富士山がクリアに見えます。
ただし向こう側が工事中でクレーンが気になるところです。

厚木基地

※ネット情報のみ取り上げます。

D-Back飛来(9・10日)


今や外来となった
D-backs VFA-102 F/A-18(NF101・100)が
午前中だけの束の間の里帰りを果たし
ひとっ飛びしたのち岩国に帰投しました。


10日は別の NF105・106が飛来し
この日もちょっくら訪問する程度で帰投しました。

おわりに

羽田では澄みきった空気のもと
現行の政府専用機の出発を見送れたのと
夕方まで滞在し夕暮れも見れ
撮影結果はおおむね良好でした。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林