C-5Mスーパーギャラクシー全52機の改修が終了:2日に最後の1機が米空軍に納入

こんにちは。
小林です。

C-5ギャラクシーの近代化改修は
予定数の52機が完了し最終号機が
2日に米空軍へ引き渡されました。

今回はその話題を中心に取り上げます。

2018.2.7 DSLR-A900 ISO200 1/500 F8

関連記事
ロッキードC-5Mスーパーギャラクシー超大型長距離輸送機

スポンサードリンク




FlyTeamから

ロッキード・マーティン、C-5Mスーパーギャラクシー52機目を納入

ロッキード・マーティンは2018年8月2日(木)、同社のマリエッタ工場から近代化計画(RERP)契約による52機目のC-5Mスーパーギャラクシーをアメリカ空軍に納入したと発表しました。

RERPで耐用年数は少なくとも2040年代まで延長されます。RERP契約で、C-5Bの49機、C-5Cの2機、C-5Aの1機がC-5Mスーパーギャラクシーに改修されています。

この納入で契約分の52機の改修が完了し、最後の機体はウェストオーバー予備役空軍基地に配備されます。

配備前にC-5Mはニューヨーク州ステュワート州空軍基地で、機内の塗装作業が行われます。ウェストオーバー基地では8機目のC-5Mになります。

2006年に近代化改修を施し登場したC-5Mスーパーギャラクシーの
予定数52機において最後の1機(87-0043)が完成し米空軍に納入されました。

Twitterから


ロッキード・マーティン ジョージア州マリエッタ工場の匠の手によって
近代的に生まれ変わったC-5Mスーパーギャラクシーの最後の1機が
工場の元を去り米空軍に引き渡すためデリバリーされていきました。

今後はニューヨーク州ステュワート州空軍基地において
内装工事を施した上ウェストオーバー予備役空軍基地に
配備される模様です。


この近代化改修で52機のギャラクシー改め
スーパーギャラクシーは2040年代までの活躍が保障されました。

C-5A・B型とC-5M型のエンジン音

いずれもYouTube (@235FireFly)から

C-5Bギャラクシー(TF39エンジン)


ギャラクシーと言えばこの「ギーン」というエゴくてクセのある金属音が特徴でしたが
C-5Aの退役およびC-5Bの全機改修により消滅してしまいました。

C-5Mスーパーギャラクシー(CF6-80エンジン)


エンジンが換装されギャラクシーの固定観念を覆すように静かになり
上がっても機体を確認しない限り分からない程でした。

換装されたエンジンはB747-400やB767と同じものですが
米軍ではF-138とも呼ばれています。

おわりに

近代化改修によって20数年延命した
C-5Mスーパーギャラクシーの
末永い活躍を見守っていきたいと思います。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林