2018.8.17 鉄道の動き:209系ハエ62編成ラストラン・115系ニイN35編成OM入場・E231系ミツ14編成AT出場

こんにちは。
小林です。

17日の鉄道の話題を
Twitter情報を中心に取り上げます。

スポンサードリンク




209系3000番台ハエ62編成ラストラン編成札掲出


今度は209系3000番台も離脱の模様で
これらのグループは96年3月八高線電化開業時にデビューした生え抜き車で
209系としては同編成が同線区での在籍期間は22年半の最長記録でした。

今後は209系3500番台ハエ54編成にバトンタッチされます。


ラストラン特製の編成札が掲げられ、
途中で209系のイラストを大きくしたものに掛けかえられました。

115系ニイN35編成大宮総合車両センター入場


新潟車両センター所属115系が自走でOMに入場しました。
この編成はキムワイプこと二次新潟色になる予定です。

E231系ミツB14編成 6M化での秋田総合車両センター出場配給


EF81 141牽引の総武線残留2本目のミツB14編成AT出場配給
日本海側の厳しい悪天候で2時間遅延した模様です。


到着する頃は真っ暗でしたが
配給は東大宮操まで引き上げたうえ
その後は自走で豊田経由で三鷹車両センターに入庫しました。

悪天候と闘いながら遠路はるばるの配給お疲れ様でした。

おわりに

ついに209系3000番台にも置き換えの手が及んだほか
この時期に珍しい新潟車両センター115系の検査兼塗色変更入場が
今回大きな話題となりました。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林