横田基地友好祭2018レポート(2):充実した展示機-米軍機編・オスプレイの展示飛行

こんにちは。
小林です。

前回に引き続き
横田基地友好祭の主な展示機を
レポートしていきます。
今回は米軍機です。

関連記事
横田基地友好祭2018レポート(1):雨ニモマケズ・ファンの夢を叶えた展示機の数々

スポンサードリンク




展示機レイアウト


筆者が片っ端から調べ
カウントしたところ総勢40機に及びました。

横田基地所属機

C-130J-30 第374空輸航空団

SLT-A58 ISO400 1/800 F6.3 +0.3EV

昨年3月より横田の主になった新型のJハーク
入り口付近に展示されたのは2機目の15-5810でした。

SLT-A58 ISO800 1/400 F18 +0.3EV

もう1機陳列会場に展示されたのは
4月に到着したばかりの新品の末っ子
16-5843でした。

C-12Jヒューロン 第459空輸中隊

SLT-A58 ISO800 1/4000 F5.6 +0.3EV

アメリカ空軍では4機のみ所有し
その大部分の3機が横田基地配備で
むしろレアな機体です。

UH-1Nイロコイ 第459空輸中隊

FinePix XP120 ISO100 1/240 F7.1

横田基地配備機では最古参で
機齢50年近くになるが今でも現役です。

米軍の外来の展示機

RQ-4グローバルホーク

DSLR-A900 ISO800 1/160 F4

昨年横田にて話題をさらった無人偵察機
1年ぶりの再会を果たしました。

C-17グローブマスターIII

SLT-A58 ISO400 1/400 F9 +0.3EV

友好祭では毎度おなじみハワイ・ヒッカム基地所属機
「アロハ」のマインドでクルーたちも陽気でした。

MC-130Hコンバット・タロンII

SLT-A58 ISO400 1/400 F7.1 +0.3EV

鼻の高さが特徴で4枚プロペラも懐かしいです。

MC-130JコマンドーII

SLT-A58 ISO400 1/400 F8 +0.3EV

今回もH形とペアを組んで新旧MCが揃って展示されました。

KC-135Rストラトタンカー

SLT-A58 ISO400 1/400 F8 +0.3EV

横田基地友好祭の展示機ではおそらく最高齢です。

A-10サンダーボルト

81-0971 SLT-A58 ISO400 1/400 F9 +0.3EV

81-0959 SLT-A58 ISO400 1/400 F9 +0.3EV

コックピットが公開され長蛇の列をなすほど人気でした。

F-16ファイティングファルコン

89-0043 DSLR-A900 ISO100 1/250 F6.3

在韓米空軍オーサン基地(スペマは前記事参照)

横田基地友好祭2018レポート#F-16スペマ

SLT-A58 ISO400 1/400 F8 +0.3EV

ペアで来た90-0779

89-0171 SLT-A58 ISO400 1/400 F9 +0.3EV

90-0735 CAG機 SLT-A58 ISO400 1/400 F8 +0.3EV

在韓米空軍クンサン基地Wolf Pack

90-0820 SLT-A58 ISO400 1/400 F9 +0.3EV

三沢基地からはたった1機のみでした。

SLT-A58 ISO200 1/320 F10 -0.3EV

3基地5機と勢揃いで戦闘機はF-16が幅を利かせ
奥の青い・同じデザインの空自のF-2も含め整然と並びました。

P-8ポセイドン

SLT-A58 ISO400 1/400 F9 +0.3EV

米海軍で固定翼機の展示はP-8唯一でした。

UC-35Aサイテーション

SLT-A58 ISO800 1/400 F20 +0.3EV

展示機では唯一のアメリカ陸軍機
白いのは厚木基地でよく見ており
まれに横田に来ます。

HH-60G

SLT-A58 ISO800 1/2000 F5.6 +0.3EV

嘉手納基地所属89-20609
ユニコーンみたいに左側に給油管が突き出ています。

H-60系列が別述の自衛隊も含めると5機に及び
最もポピュラーな機材であることを実感します。

MH-60R

HSC-12 SLT-A58 ISO800 1/1600 F5.6 +0.3EV

HSM-51 SLT-A58 ISO800 1/1600 F5.6 +0.3EV

今や懐かしくなったNF(CVW-5)で
HSM-51・HSC-12が仲良く並んでいました。

オスプレイ展示飛行

SLT-A58 ISO200 1/250 F9 +0.3EV

15・16両日の14時頃
友好祭にて初めてオスプレイの展示飛行が行われ
タッチアンドゴーを繰り返しました。

そして終わり間際に観客に2ヶ所まわり
お辞儀をして戻りました。


筆者が撮影した動画です。

おわりに

今回の横田基地友好祭
前記事に続き豊かな展示機に恵まれ
ファンにとって大いに腑に落ちたことでしょう。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林