入間基地航空祭2018レポートその2(外野席):ブルーインパルス曲芸飛行,途中で演目が変わる

こんにちは。
小林です。

入間基地航空祭レポート2回目は
おまちかねブルーインパルスで
それを中心にレポートします。

但し途中から区分が変わってしまいました。

関連記事
入間基地航空祭2018レポートその1(外野席):内外ともに大賑わい

スポンサードリンク




撮影機材

カメラ

ソニー α7III (ILCE-7M3)
ソニー α900 (DSLR-A900)

レンズ

タムロン SP 150-600mm F/5-6.3 Di USD G2 (Model A022)
ソニー Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM SAL2470Z
※α7IIIにはマウントアダプターLA-EA3を介して装着

ブルーインパルス曲芸飛行

主な演目を独断と偏見で
いくつかチョイスしました。

ロールオンテイクオフ

ILCE-7M3 ISO400 1/800 F10

6番機が離陸してすぐに

ILCE-7M3 ISO400 1/800 F10

上下1回転しながらレフトターンしました。

チェンジオーバーターン

ILCE-7M3 ISO400 1/1000 F10

5機がトレイル隊形で進入してからの

ILCE-7M3 ISO400 1/1000 F11

ターン中にクロスし入れ替えながら

ILCE-7M3 ISO400 1/1000 F13

間隔を広げデルタ隊形に変えました。

インバーテッド&コンティニアスロール

ILCE-7M3 ISO400 1/1000 F13

5番機が機体を逆さにしたまま進入し

ILCE-7M3 ISO400 1/1000 F13

会場を通過したのち元に戻しました。

チェンジオーバーループ

DSLR-A900 ISO100 1/400 F6.3

4機がトレイル隊形からデルタ隊形に移行しながら
ループコースターのように1回転し
筆記体の「エル」の字のように描かれました。

フェニックスロール

ILCE-7M3 ISO400 1/1000 F13

6機が高い位置まで上り詰めたのち
全機降り注ぐように降りてくる演出が
迫力満点で一番のハイライト的な演目です。

バーティカルキューピッド

DSLR-A900 ISO100 1/400 F6.3

区分が変更され大空にハートが描かれたのみで
矢で射抜く演出は無しでした。

おわりに

入間基地航空祭当日の曲芸飛行で
第1区分で行けるはずだったのが
隣のトラフィックの影響からか
区分が変更され演目がいくつか省かれました。

それでもなおブルーインパルスが
絶対的な人気を誇ることに
変わりありませんでした。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林