伊豆地区に新型観光特急列車「E261系」を2020年に導入へ:贅沢三昧の豪華列車が誕生へ

こんにちは。
小林です。

8日にJR東日本からプレスリリースが発表され
2020年に新型特急列車「E261系」導入することになりました。

今回は限りある情報で取り上げていきます。

詳細および写真の引用元はこちら
伊豆エリアへ新たな観光特急列車を運行します(PDF)
JR東日本、東京・伊豆を結ぶ新型観光特急「E261系」2020年春デビューへ

スポンサードリンク




概要

車両の構成

○ 両 数 8両×2編成
1号車 :プレミアムグリーン車(1+1列)
2~3号車:グリーン個室
4号車 :ヌードルバー
5~8号車:グリーン車(2+1列)
○ 定 員 164 名

プレミアムグリーン車(1号車)


JR東日本でプレミアムグリーン車の採用は初めてであり、ゆとりあるプライベート空間とくつろぎ空間を提供する1+1の座席でシートピッチが1250mmです。
天窓と窓からの壮大な車窓を楽しめるよう座席下に収納スペースが設置されます。

グリーン個室(2・3号車)


親しい仲間や家族と目的地までゆったり過ごせる、カフェをイメージしたグリーン個室が4名様用と6名様用が用意されます。

ヌードルバー(4号車)


みんな大好きな麺類(ヌードル)を目の前で調理するオープンスタイルのキッチン方式で、車窓からの相模湾の景色を眺めながら食事を楽しめるカウンター席とボックス席を設置。

グリーン車(5-8号車)


伊豆の自然をイメージし、2+1列・シートピッチ1160mm座席で広く快適でゆったりできる車内空間を提供します。

インバウンド対応ほか

それぞれの車両に大容量の荷物置き場および2・3号車のグリーン個室内に荷物スペースを設置し、車内からの眺望に力を入れています。
無料の公衆無線LANの提供と全席コンセントの設置で、車内でのモバイル機器やノートPCでの通信に便利です。

担当デザイナー

車両全体のデザインは「KEN OKUYAMA DESIGN」が、ヌードルバーのプロデュースおよびデザインは「TRANSIT GENERAL OFFICE」の担当です。

おわりに

E261系は全車がグリーン車で、ゆとりある車内空間を提供するほか
車内からの眺望に力を入れ・さらにヌードルバーによる麺類の車内提供などこだわりが満載で
この列車は今流行の豪華列車の一員にもなるでしょう。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林