2021.6.20-22 航空の動き:米空軍C-130H久々に横田に飛来・最古参C-17・HALO訓練etc

こんにちは。
小林です。

6/22までの航空の話題を
ネット情報と筆者の取材を
交えながら取り上げます。

スポンサードリンク





6/22までの主な航空の話題

C-130H(アメリカ空軍)


93-1037 AFRC
ドビンズ空軍予備役基地所属機

アメリカ空軍のC-130Hの飛来は
かなり久しぶりで

なおかつドビンズ空軍基地所属,
そしてバックスバニーの
ノーズアート付きと

今まで見た中で
非常に珍しい機材の飛来は
周囲のギャラリーを沸かせました。

MC-130J


12-5762

何回かタッチアンドゴーを繰り返し

最後はRW36側からローパスしたのち
RW18側で降りました。

C-17


88-0265 (1992年5月登録)
詳細はこちら (FlyTeam調べ)

マッコード基地所属
量産機のC-17では最も古い機材で
C-46のノーズアートも付いていました。

それ以外に
ここ数日はC-17の行き来が盛んで
この内に同最古参の機材が飛来し
また一つ注目を浴びました。

HALO訓練


写真は近所から撮影

22日夕方にHALO
(高高度降下低高度開傘)訓練が行われ
最大12人が降り大空に
花を咲かせました。


今回はC-130J-30が担当し
この日は130の当たり日になりました。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

今回挙げた中では
久々の米空軍C-130Hと
C-17最古参機の飛来で

どちらもノーズアートありという
おまけ付きでファンを大いに
沸かせたことでしょう。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林