2019.3.16 ダイヤ改正(大手私鉄編)-西武「Laview」,東武「川越特急」運転開始・メトロ北綾瀬駅ホーム延伸etc

こんにちは。
小林です。

別れがあれば出会いもあります。

16日に各社でダイヤ改正が実施され
新たな列車が次々と誕生しました。

今回は大手私鉄の模様を
いくつか取り上げます。

スポンサードリンク




西武鉄道

001系「Laview」運転開始

ILCE-7M3 ISO200 1/400 F5.6 +0.7EV

西武鉄道で3代目の特急列車001系
「Laview(ラビュー)」が「ちちぶ5号」より
運転開始しました。

奇しくも今年(2019)は西武秩父線開業および
特急レッドアロー誕生50周年で記念すべき年の
デビューでこれまた華々しいです。


池袋で出発式が行われ
女優の土屋太鳳(たお)さんが参加しました。

東武鉄道(東上線)

「川越特急」運転開始

ILCE-7M3 ISO200 1/800 F7.1

東上線の新種別「川越特急」が
アートトレインラッピングの51092Fを筆頭に
運転を開始しました。

その前に下赤塚駅で人身事故があり
前途多難でしたが当列車は予定時刻の
10:00より10分遅れで発車しました。


大アクシデントに見舞われたものの
出発式も行われ無事スタートを切りました。

また行先表示に「川越特急」ロゴが出ました。


池袋駅の発車標
新たな種別「川特」「川越特急」が
とても新鮮です。

東急・メトロ車が小川町まで乗り入れ


いいい8うい5社直通運転の優等種別「Fライナー」をはじめとする
東急車・メトロ車が運行区間を延伸し小川町まで到達しました。

走行距離は100.1kmで
所用時間は最短で約2時間です。


現行の東急車とメトロ車が山をバックに走るのは
今までにない例です。

東京メトロ

北綾瀬駅10両編成直通運転開始


メトロ千代田線の車庫につながる北綾瀬駅の
ホームが10両編成に対応する延伸工事が完了し
北綾瀬発着において乗り換えなしで
スムーズにアクセスできるようになりました。

おわりに

今回のダイヤ改正では大手私鉄で新たな列車や
北綾瀬の10両直通運転開始で
また一つ歴史が変わった瞬間でもありました。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林