2019.5.6 横田基地レポート:令和最初の横田ヘビー祭りでトラフィックが盛ん

こんにちは。
小林です。

GW最終日の6日は
横田のトラフィックが盛んでした。
今回はこの日の横田の模様をレポートします。

スポンサードリンク




6日の主な横田の飛来機

滑走路運用はRW18でした。

早朝(ランウェイオープン)

ATI B767-323/ER(BDSF) N395CM
カリッタエア B747-4H6(BCF) N741CK
ナショナルカーゴ B747-428(BCF) N919CA
が立て続けに着陸。

それと入れ替わるように
ATI B757-2Y0 N753CKが
離陸しました。

ILCE-7M3 ISO200 1/640 F8

ターミナルが一時的に一気に埋まり
3並びが見れました。

B747-400F

ILCE-7M3 ISO200 1/800 F8 -0.3EV

10:02 ナショナルカーゴ
B747-428(BCF) N919CA↑

ILCE-7M3 ISO200 1/800 F8

10:37 カリッタエア
B747-428(BCF) N919CA↑

35分の間に立て続けに
B744が離陸していきました。

C-17

ILCE-7M3 ISO200 1/1600 F5.6 +0.7EV

ハワイ州パールハーバー・ヒッカム統合基地所属の
HH 90-0533 が13:43-15:32の間に立ち寄りました。

C-5M

ILCE-7M3 ISO400 1/320 F9 +1EV

17:24頃 カリフォルニア州トラヴィス基地所属の
87-0028が着陸しました。

トラヴィスのギャラの飛来は
久々のことです。

おわりに

長かったゴールデンウィークも最終日を迎え
令和最初の盛んな横田のトラフィックは
翌日の活力源となったことでしょう。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林