横田基地友好祭レポートその2:今回注目の展示機 KC-10,EA-18G,F-2,RF-4E etc

こんにちは。
小林です。

横田基地友好祭レポート
続きは注目される地上展示機を
かいつまんでみました。

関連記事
横田基地友好祭レポートその1:C-130Jの陸自空挺投下,A-10,F-16Cなど飛行展示が盛んに行われる

スポンサードリンク




米軍機

C-130J-30

第374空輸航空団に所属する
横田基地を代表する飛行機で
まずはこれから。

エントランスには
YJのC-130J-30最初の機材
14-5807がお出迎え。

そしてもう1機
南西側には
15-5817が置かれています。

RQ-4B


これで3回目の展示で
長ーい主翼を構図に収めるには
魚眼レンズが必要かな?

KC-10


今年もファンの期待を裏切らず
参加してくれました。
コクピット見学が長蛇の列で
いかに人気が高いかが分かります。

F-15C


2機のうち1機は隊長機で
機首部分に星のスコアマークが
2つ付いています。

EA-18G


スコーピオンズの隊長機
昨年50周年を迎えた記念塗装が
まだ残っています。

自衛隊機

F-2


第6戦術戦闘飛行隊が60年を迎えた
記念塗装でかなりド派手です!

RF-4E


今回の最後のファントムは
第501飛行隊のスペマでした。
来春退役なので横田で見られるのは
貴重になるでしょう。

フィルム調の帯で
1961-2020と書かれ
のべ59年の活躍に
ピリオドが打たれます。

C-1


78-1026
昨秋に一度歌舞伎色になった機体で
塗り戻された際は色が不自然でしたが
元歌舞伎色をアピールしていました。

エンジンカバーが歌舞伎色で
その面影を残しています。

YS-11


飛行点検隊
友好祭では久々の展示で
近い将来退役する可能性があるので
しっかりと目に焼き付けておきたいです。

おわりに

今回の友好祭では
自衛隊機がかなり力が入り
地上展示では自衛隊色に
染まってきつつありました。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林